[ユーザー事例]

先進企業が挑む“クイックPDCA”への道 (Part 2)

2011年2月8日(火)

“クイックPDCA”実現に向けて新たなマネジメント手法を確立へ 「単にBIツールを導入するわけではない。“10年後に世界NO.1のゴルフ総合サービス企業を目指す”という長期ビジョンを実現するための、マネジメント手法の改革が本当の狙いだ」。ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)の中澤氏は、導入中のBI基盤について、こう言い切る。「BIを日常業務に溶け込ませる」(同)ともいう。その意味と実践手法を、中澤氏自身が解説する。(本誌)

企業のIT投資対象はERPや業務システムからBI・DWHといった情報流通システムに移りつつある。厳しさを増す競争環境の中で、「企業内に蓄積された膨大なデータをどう活かすのか?」という視点・ステージに企業の関心が移ってきたことが、その背景にあると思われる。

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)も同様で、約1年半前に筆者の管轄するマーケティング部は「DWH・BI」の導入に着手した。その目的を一言で言えば、「クイックPDCAの実現」になる。つまりGDOが提供する様々なサービスにおいて、その現状や進捗状況、実績などを、客観的な指標に基づき見える化し、問題の発生や予兆を素早く把握。さらに確実に対応して競争力を向上することだ。そのためにBI基盤の導入と並行する形で、「KPIマネジメント・フレームワーク構築プロジェクト(MFプロジェクト)」も立ち上げた。

筆者は本プロジェクト全体の設計(アーキテクト)を担当し、実践フェーズとなる2011年度においては経営管理部を兼任し、全社的な視点でクイックPDCAの定着を推進する責務を負う(図2-1)。ここではその立場から、“経営に貢献するBI”について、筆者らの考え方を解説する。

図2-1 GDOが目指す「クイックPDCA」の姿
図2-1 GDOが目指す「クイックPDCA」の姿

クイックPDCAを阻む3つの壁

これまで、多くの企業がBIを導入してきた。そうした先行ユーザーに導入後の経過を尋ねると「導入効果が見えない」「思うように活用が進まない」といった悩みを聞くことが多い。筆者はその理由を、これまでのBIへの取り組みの多くが「見える化」にとどまり、「素早くかつ確実な打ち手=対策の実行」にまで至っていなかったからだと考える。その結果、BIがビジネスにもたらす効果に疑問の声が上がるようになったのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

先進企業が挑む“クイックPDCA”への道 (Part 2)“クイックPDCA”実現に向けて新たなマネジメント手法を確立へ 「単にBIツールを導入するわけではない。“10年後に世界NO.1のゴルフ総合サービス企業を目指す”という長期ビジョンを実現するための、マネジメント手法の改革が本当の狙いだ」。ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)の中澤氏は、導入中のBI基盤について、こう言い切る。「BIを日常業務に溶け込ませる」(同)ともいう。その意味と実践手法を、中澤氏自身が解説する。(本誌)

PAGE TOP