[青木顕子のスウェーデンIT通信]

医療分野におけるIT最新事情(Vol.05)

2011年2月2日(水)

前回の「初代IT大臣にかかる期待」でも少し触れたが、ここスウェーデンでも日本と同様、医療・福祉分野でITをいかに活用するかが重要なテーマとなっている。こうした動きの中から、筆者の目にとまった最近のニュースをレポートする。

■スウェーデン生まれのアプリがアメリカで人命救助

まずはスウェーデン発のモバイル・アプリケーションが実際に人命救助に役立ったというケースを紹介しよう。

iPhone/Android対応のアプリケーション「Phone Aid」をご存じだろうか。これは、心肺蘇生法(CPR:Cardio Pulmonary Resuscitation)のステップを画像付きで分かりやすくガイドするアプリケーションだ。例えばアップルのApp Storeならば2米ドルほどでダウンロードできる。もしかすると、日本でも、すでにダウンロードしてお使いの方もいるかもしれない。

このアプリケーションの生みの親は、スウェーデン第2の都市、ヨーテボリに住むポントス・ヨハンソン医師だ。友人のITコンサルタントでプログラマ役をかったマグヌス・エナソン氏と共同開発し、2008年11月に世界同時リリース。1週間で6万件のダウンロードを記録したという経緯がある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連記事

医療分野におけるIT最新事情(Vol.05)前回の「初代IT大臣にかかる期待」でも少し触れたが、ここスウェーデンでも日本と同様、医療・福祉分野でITをいかに活用するかが重要なテーマとなっている。こうした動きの中から、筆者の目にとまった最近のニュースをレポートする。

PAGE TOP