[新製品・サービス]

NTTデータ、金融機関の基幹系システム向けJavaソリューションを提供開始

2011年2月3日(木)

NTTデータは2011年2月2日、高い可用性、運用・保守性が求められるミッションクリティカルなシステムをオープンでスタンダードなJavaを用いて構築できるようにする、金融機関の基幹系システム向けソリューション「FINALUNA(フィナルナ)rock-solid framework」の提供を開始した。

金融機関の基幹系システムは、大規模かつ非常に高いRASIS(Reliability Availability Serviceability Integrity Securityの略で、信頼性、可用性、保守性、保全性、機密性を確保するための技術)が求められる。また、長期間に渡り継続運用しているシステムでは、保守人材の不足などの課題を抱え、システム更改にあたってはオープンでスタンダードな技術の採用、保守においても効率的に実施できるシステムへの関心が高い。

NTTデータは、2009年より金融機関向け情報系システム構築の分野で実績を持つ「FINALUNA」を活用した基幹系システム向けソリューションの開発を開始しているが、今回、「FINALUNA rock-solid framework」の提供を開始した。なお同ソリューションを活用し、日本IBMのシステム基盤ソリューションを用いた提案はすでに、日本銀行が「日本銀行金融ネットワークシステム」の新たなシステムとして構築する「新日銀ネット」に採用されているとのこと。

同ソリューションの特徴は以下のとおり。

  • 基幹系システムに「FINALUNA rock-solid framework」を適用することによって、オープンでスタンダードなJavaによる金融機関のオンライン基幹業務処理を可能にする。
  • 大規模な基幹系システムを、互いに疎結合なサブシステムに分割し、SOA(サービス指向アーキテクチャ)コンセプトで統合した保守効率の高いシステムに更改できる。
  • プラットフォームをz/OSにすることによって、非常に高いRASISの要求に応え、将来のノンストップ・エンタープライズ・クラウド環境を含めた対応力の強化を支援する。また、z/OSを利用した金融機関システムで実績のある日本IBMのシステム基盤ソリューションを採用することで、安定したシステム基盤を構築することが可能。

同社はFINALUNA rock-solid frameworkの整備にあたり、日本IBMより、システム基盤ソリューションの提供とともに、国内の製品技術支援体制を受けているほか、IBMコーポレーションの製品開発元からも技術支援の提供を受けている。また、グループ会社のNTTデータ先端技術が、IBMのミドルウェア製品群WebSphereのOEMを取り扱うとともに、FINALUNA rock-solid frameworkのサポートを行う。

FINALUNA rock-solid frameworkの提供サービスは、以下の形態で提供される。

  1. FINALUNA導入サポートサービス(FINALUNA ISS:Introduction Support Service)
    FINALUNAの導入検討および導入の際に必要となる、情報提供および技術支援を行う。
  2. FINALUNA rock-solid framework基本部、オプション部の提供
    基本部には、基本機能である、FINALUNA rock-solid ESB、FINALUNA rock-solid Java frameworkが含まれる。
    オプション部には、FINALUNA rock-solid autonomic operationsなどの追加機能群が含まれる。
     

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

関連記事

NTTデータ、金融機関の基幹系システム向けJavaソリューションを提供開始NTTデータは2011年2月2日、高い可用性、運用・保守性が求められるミッションクリティカルなシステムをオープンでスタンダードなJavaを用いて構築できるようにする、金融機関の基幹系システム向けソリューション「FINALUNA(フィナルナ)rock-solid framework」の提供を開始した。

PAGE TOP