[中国電脳事情]

【中国電脳事情】「漢王、全EブックリーダーにWi-Fiないし3Gを標準搭載へ」など(第14回)

2011年2月16日(水)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

漢王、全EブックリーダーにWi-Fiないし3Gを標準搭載へ

─ 信息時報(12/1)

「漢王が誇る技術力と運営方式を用いてモバイルインターネットの領域へ全面的に参入する」─。中国Eブック最大手「漢王」の代表取締役である劉迎建氏は、「第十二回中国国際高新技術交易会」の席上でこのように述べた。

同社はこの2年間ですでに20種類以上のEブックリーダーを発売しているが、今後は全ての端末にWi-Fiないし3Gを標準搭載し、高速インターネット接続による書籍閲覧を可能にさせるという。また、E Ink社が開発したカラー電子ペーパー技術「E Ink Triton」を世界で初めて採用したメーカーであるとした上で、「アマゾンを超え、世界シェアトップをつかむ日は近い」と意気込んだ。

フォックスコン、帰省従業員による家電チェーンを展開

─ 騰訊科技(12/7)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】「漢王、全EブックリーダーにWi-Fiないし3Gを標準搭載へ」など(第14回)中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP