[新製品・サービス]

設備機器とIT機器の運用管理を一括代行

2011年2月25日(金)

データセンタ統合管理サービス/日立製作所 日立製作所は2010年12月16日、データセンターやサーバールームの電源・空調、IT機器の運用管理業務を一括して代行するアウトソーシングサービス「データセンタ統合管理サービス」を発表。同月20日に提供開始した。

対象とするのは、受変電設備や空調換気設備といった設備機器と、サーバールーム内に設置するサーバーやラック、無停電電源装置(UPS)などのIT機器の運用管理業務。機器の導入から更新、廃棄に至る運用計画の立案から、稼働監視などの実務までを受託する。

サーバールーム内の温度・湿度などを常時計測することで、電源容量や熱問題に起因するシステムダウンなどの兆候を継続的に監視。現状報告だけでなく、改善のための検討や提案、実際の改善作業なども実施する。

空調機などのビル設備保守サービスを提供する日立ビルシステムや、情報システムの保守・運用管理支援を実施する日立電子サービスと連携してサービスを提供する。価格は個別見積もりで、2015年度に年間10億円の売り上げを目指す。 (鳥越)

関連記事

設備機器とIT機器の運用管理を一括代行データセンタ統合管理サービス/日立製作所 日立製作所は2010年12月16日、データセンターやサーバールームの電源・空調、IT機器の運用管理業務を一括して代行するアウトソーシングサービス「データセンタ統合管理サービス」を発表。同月20日に提供開始した。

PAGE TOP