[市場動向]

ITプラットフォームの加速度的進化 (Part 3)

2011年3月15日(火)

クラウドシフトを支える要素技術の進化と融合 クラウドコンピューティングへの期待の高まりに呼応し、 足下を支えるハードウェアや通信環境の進化も急速に進む。 市場と技術革新の両面から、ITプラットフォームの進化を見る。鳥越 武史 (編集部)

メインフレーム→クライアント/サーバー・システム→Webシステムという流れで進化してきた企業情報システムが、また大きな転換期を迎えている。言わずもがな、クラウドの台頭である。コンピューティングの中核機能を“ネットの向こう側”に任せるという基本概念は、ユーザー企業に「所有から利用へ」という根本的な発想転換を迫っている。

ITリソースを柔軟に配分・管理する仮想化技術の進展によるところが大きいのは事実だが、もっとプリミティブな部分では、プロセサやディスク、メモリー、ネットワークという要素技術の加速度的な性能向上が果たしている役割も大きい。これらはクラウドのみならず、企業システム全般の高度化に大きく寄与している。

基盤技術の進化
ハード・通信の急速な進化がITインフラ高度化を後押し

技術進化を示すいくつかの数字をみていこう(図3-1)。

図3-1ハードウェアや通信環境の性能進化の現状
図3-1ハードウェアや通信環境の性能進化の現状

プロセサの性能向上については、単体での動作周波数向上より、コア数を増加させることに重点が置かれるようになった。すでにインテルは8コア、AMDは12コアのプロセサを出荷しており、今後どこまでコア数が伸びるかが1つの見所だ。その関連において興味深い製品がある。米タイレラが2009年10月に発表した、100コアを搭載するプロセサ「TILE-Gx」だ。x86プロセサとは異なるアーキテクチャなので単純比較はできないが、さらに倍増させる計画もあるという。研究レベルではインテルやIBM、各国の工科大学などがすでに1000コアの実装を視野に入れている段階にある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ITプラットフォームの加速度的進化 (Part 3)クラウドシフトを支える要素技術の進化と融合 クラウドコンピューティングへの期待の高まりに呼応し、 足下を支えるハードウェアや通信環境の進化も急速に進む。 市場と技術革新の両面から、ITプラットフォームの進化を見る。鳥越 武史 (編集部)

PAGE TOP