[海外動向]

【Lotusphere 2011】ソーシャル技術の企業活用を追求 具体化進む「Project Vulcun」

2011年3月3日(木)

米国カンファレンス報告 レポート2 2010年1月30〜2月3日 米オーランド/IBM 米IBMは2011年1月30日〜2月3日、年次イベント「Lotusphere 2011」を開催した。18回目を迎える今年のテーマは「Get Social, Do Business」。ソーシャル技術を活用し、ビジネスを成功に導けというメッセージだ。会期中に訪れた約7000人の参加者に対し、ソーシャル技術のポテンシャルを終始アピールし続けた。なお、ここでのソーシャル技術とは、ユーザー同士のつながりを基軸としたメッセージ交換やKnow Who、協働作業支援などを具現化する技術を指す。

基調講演
ソーシャルが不可欠な時代に

基調講演に登壇したのは、Lotusソフトウェア事業部ゼネラルマネジャーのアリステア・レニー氏。コンシューマ市場で磨かれてきたソーシャル技術の長所を、企業システムにも積極的に取り入れるべきだと会場に訴えた。「顧客満足度向上、斬新なアイデアの創出、人材の可能性発掘…。人と人とのつながりを主体とするコラボレーションは、業種や部門を問わず様々なシーンで効果を発揮する。もはや、企業活動に不可欠の存在だ」。独自の調査では、ソーシャルツール導入で競争力が増したと答えた企業は57%に達するという。

Lotusソフトウェア事業部のアリステア・レニーGM
Lotusソフトウェア事業部のアリステア・レニーGM。基調講演では、ソーシャルを活用し業務を効率化すべきと訴求

まだ導入に慎重な姿勢を示す企業に対しては、「ソーシャルツール導入は“5カ年計画”などで大げさに構えるものではない。どの部署からでもいいから試すことが重要。自然体での情報共有の利点を体感できれば、ボトムアップで全社に定着していく」(同氏)。

基調講演
基調講演にはユーザー企業やパートナー企業のほか、ソーシャルツールを活用する大学生も多数参加した

事例発表
ユーザー自身が成果を示す

会期中、導入企業の担当者が次々と事例を披露した。

AT&Tは顧客との関係強化に役立てる。エグゼクティブディレクターのブレア・クレイン氏は顧客からの電話応対を引き合いに出した。「かなり専門的な問い合わせがスペイン語で寄せられた。レアケースゆえ、普通なら後日対応となるところ。それが社内SNSを使うと、スペイン語が堪能で当該分野に詳しい社員がすぐに見つかり、5分で応対できた」。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Lotusphere 2011】ソーシャル技術の企業活用を追求 具体化進む「Project Vulcun」米国カンファレンス報告 レポート2 2010年1月30〜2月3日 米オーランド/IBM 米IBMは2011年1月30日〜2月3日、年次イベント「Lotusphere 2011」を開催した。18回目を迎える今年のテーマは「Get Social, Do Business」。ソーシャル技術を活用し、ビジネスを成功に導けというメッセージだ。会期中に訪れた約7000人の参加者に対し、ソーシャル技術のポテンシャルを終始アピールし続けた。なお、ここでのソーシャル技術とは、ユーザー同士のつながりを基軸としたメッセージ交換やKnow Who、協働作業支援などを具現化する技術を指す。

PAGE TOP