[新製品・サービス]

SBIベリトランスとベリサイン、1日単位の「ワンコインSSL」を発表

2011年3月1日(火)

オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランスと、日本ベリサイン(以下、ベリサイン)およびベリサインの子会社である日本ジオトラスト(以下、ジオトラスト)は2011年2月28日、Amazon Web Services LLC(以下、Amazon)が提供するクラウドサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(通称:Amazon EC2)」の利用顧客およびSBIベリトランスの提供する電子決済サービスの利用顧客を対象に、3月1日より、1日単位での購入・利用が可能なSSLサーバ証明書「ワンコインSSL」の販売を開始すると発表した。

「ワンコインSSL」は、ジオトラストが発行する「ジオトラスト クイックSSLプレミアム」を、従来の年次単位ではなく、最短1日より利用できるサービスである。インターネットの普及に伴い、「短期間の期間限定利用を前提としたキャンペーンサイト」や、「サーバリソースを柔軟に利用できるクラウド環境でのサイト」などを構築する際のニーズが増加している。「ワンコインSSL」は、「Amazon EC2」の特長のひとつである「実際に使用した分だけ料金を支払う」というサービスに対応した新しいソリューションである。

ジオトラストが販売する「ジオトラスト クイックSSLプレミアム」は、ウェブサーバとブラウザ(PCや携帯端末)間の通信を保護するSSL暗号化通信を可能とする電子証明書として、個人情報や決済情報の入力が必要なサイトを中心に広く採用されてる。認証が自動で行われることにより、最短2分間での発行・利用開始が可能であるとともに、必要となるライセンスも同一のFQDN(コモンネーム)であれば1ライセンスを購入することで複数台(上限無制限)のウェブサーバに複製して利用することができる。

「ワンコインSSL」の費用(税別)は、100円/日(購入期間の最大は365日)。

なお、「ワンコイン SSL」はクックパッドが運営する料理サイト「クックパッド」への採用が決定している。クックパッドでは短期間での利用となるキャンペーンサイトやイベントサイト、およびテスト用のサイトに対して、より経済性に富んだSSLサーバ証明書を探しており、今回の採用に至ったという。クックパッドはすでに「Amazon EC2」を利用しており、適切なサーバリソース投資を行っていたが、今回の導入を機に利用実績に応じたSSLサーバ証明書を利用することで、さらに適切なセキュリティ投資が可能になる。


Amazon Web Services LLC
http://aws.amazon.com/jp/ec2/

「ワンコインSSL」(3月1日オープン予定)
https://oc.veritrans.co.jp/

クックパッド
http://cookpad.com/

SBIベリトランス
https://www.veritrans.co.jp/

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp

関連記事

SBIベリトランスとベリサイン、1日単位の「ワンコインSSL」を発表オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランスと、日本ベリサイン(以下、ベリサイン)およびベリサインの子会社である日本ジオトラスト(以下、ジオトラスト)は2011年2月28日、Amazon Web Services LLC(以下、Amazon)が提供するクラウドサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(通称:Amazon EC2)」の利用顧客およびSBIベリトランスの提供する電子決済サービスの利用顧客を対象に、3月1日より、1日単位での購入・利用が可能なSSLサーバ証明書「ワンコインSSL」の販売を開始すると発表した。

PAGE TOP