[新製品・サービス]

NTTデータ、クラウドサービス連携プラットフォーム「Sinfonex」を発表

2011年3月2日(水)

NTTデータは2011年3月1日、クラウドサービス間の連携を支援するプラットフォーム「Sinfonex」を2011年4月1日より提供開始すると発表した。Sinfonexは、クラウドサービスなどを提供するサービス事業者向けのサービス。サービス事業者は自社のWebサービスをSinfonexに接続することで、Sinfonexが連携する他のクラウドサービス上の機能(WebAPI)や利用者IDを利用できる環境を実現できる。

NTTデータでは、異なる分野間におけるサービス連携に対して、クラウド等の情報資産を個々に連携させるのではなく、効率的かつ迅速に連携が可能となるサービス連携プラットフォームを開発し、今回Sinfonexとしてサービス提供を開始する。Sinfonexは、「OAuthならびにAPI接続によるWebサービス連携」と「OpenIDおよびSAMLの2つの方式によるID連携」を核として、サービス連携を実現している。

「Sinfonex」その概要は次のとおり。

  1. Webサービス連携機能
    インターネット上で“API”として公開されているさまざまなWebサービスの機能を、サービス連携エンジンを介して利用企業のWebサービスに取り込むことができる環境を提供する。このWebサービス連携機能は、サービス連携エンジンにてSinfonexが連携する各WebサービスのAPIの仕様差異を吸収し一元化するので、利用企業ではAPI毎の個別対応が不要になる。
    4月のサービス開始時点での連携先Webサービスとしては、Facebook、GoogleAppsで提供されているAPIに対応し、今後順次連携サービスを追加していくとしている。
  2. ID連携機能
    別のWebサービスで利用されている利用者IDを用いて、自社のWebサービスの利用ができるシングルサインオン(SSO)の機能を、ID連携機能として提供する。個人にとっては利便性の向上につながり、Webサービス事業者にとっては、ビジネス連携のみならず、各サイトに登録されたユーザーの誘引につながる。SinfonexのID連携は、SSOの実現方式として多く採用されているOpenIDとSAMLの2つの連携方式を採用。これによりWebサイト間連携のSSOに必要な機能を、サービス事業者のWebサイトにて準備することなく実現できる。また、ID連携機能を活用することで、コンテンツ提供者との間での信頼性および安全性を高めた利用など、高度な連携が可能となる。

Sinfonexは今後、総合クラウドサービス「BizXaaS」のアプリケーション群と連携を図り、BizXaaSブランドで展開される各種サービスの提供チャネルの拡大や、機能連携を強化を行っていくとしている。

なお同社は、2011年3月2~3日に、東京ミッドタウンにて開催される日経BP「Cloud Days Tokyo 2011 Conference&EXPO」において、「Sinfonex」の紹介、「BizMARE」におけるサービス連携機能の活用例の紹介および展示を行う。


Sinfonex
http://www.facebook.com/Sinfonex

BizXaaS
http://www.nttdata.co.jp/cloud/index.html

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

関連記事

NTTデータ、クラウドサービス連携プラットフォーム「Sinfonex」を発表NTTデータは2011年3月1日、クラウドサービス間の連携を支援するプラットフォーム「Sinfonex」を2011年4月1日より提供開始すると発表した。Sinfonexは、クラウドサービスなどを提供するサービス事業者向けのサービス。サービス事業者は自社のWebサービスをSinfonexに接続することで、Sinfonexが連携する他のクラウドサービス上の機能(WebAPI)や利用者IDを利用できる環境を実現できる。

PAGE TOP