[新製品・サービス]

日立、SaaS型倉庫管理システム「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」を提供

2011年3月2日(水)

日立製作所(以下、日立)は2011年3月1日、冷蔵倉庫および食品物流センターなどで必要となる管理機能を備え、約100拠点の倉庫での利用ノウハウを結集したSaaS型倉庫管理システム「Sherpa(シェルパ)/倉庫管理クラウドソリューション」のサービス申込み受付を3月3日から開始し、4月25日からサービス提供を開始すると発表した。

「Sherpa」は、ニチレイおよび日立が出資する日立フーズ&ロジスティクスシステムズが提供している冷蔵倉庫向け業務パッケージである。日立は今回、低温物流業界最大手のニチレイロジグループが蓄積してきた、在庫管理や保管料計算など冷蔵倉庫管理における業務ノウハウを結集した「Sherpa」を「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」としてSaaS型で提供する。

「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」の特徴は次のとおり。

  1. ニチレイロジグループが蓄積してきた冷蔵倉庫における業務ノウハウの提供
    DC(在庫保管型センター)/TC(通過型センター)をはじめとした、食品サプライチェーンのさまざまな物流センターモデルに対応。具体的には、約400機能からなる複数の業務グループ(サブシステム群)から、例えば在庫系サブシステムや請求・売上管理系サブシステムなど必要なものを選択し、組み合わせて導入することができる。また、保税、請求、不定貫管理など冷蔵倉庫業界に必要とされる機能を含めて提供することにより、サービスを導入するだけですぐに業務利用が可能となる。これにより、新規荷主への対応を迅速に行えるほか、現場作業効率の向上を図ることができる。
  2. 日立のITノウハウを生かしたクラウド(SaaS)サービスの提供
    約4万2000社が利用するSaaS「TWX-21」(企業間ビジネスメディアサービス)上でサービス提供することにより、セキュリティ、信頼性の確保とともに利用企業のシステム保守・運用業務を削減する。SaaS型でサービス提供することにより、導入期間が最短1カ月となる。また、複数の業務グループから必要なものだけ選択でき、また、倉庫の設備能力に応じた課金体系にすることで、中小規模の企業にとっても利用しやすいサービスになっている。
  3. 様々なオプションサービスの提供
    関連するサービスとして、既存システムからクラウド(SaaS)への移行支援をはじめ、冷蔵倉庫、物流センター向けの業務設計や、カスタマイズに至るまで、様々なオプションサービスを用意。これにより、システムサービスを提供するだけでなく、利用企業の業務全体をサポートし、支援する。

「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」の価格は、10万5000円/月額(税込み)~。

同社は、2014年度までに400サイトへの「Sherpa」販売(約30億円)を目指すとしている。

なお、同サービスは3月8日から11日に東京ビッグサイトにおいて開催される「リテールテックJAPAN 2011」に出展される。


「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」
http://www.hitachi.co.jp/products/it/industry/solution/sherpa/index.html?banner_id=ad_sherpa_nr10301

日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」
http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/

「リテールテックJAPAN 2011」
http://www.shopbiz.jp/rt/

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

関連記事

日立、SaaS型倉庫管理システム「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」を提供日立製作所(以下、日立)は2011年3月1日、冷蔵倉庫および食品物流センターなどで必要となる管理機能を備え、約100拠点の倉庫での利用ノウハウを結集したSaaS型倉庫管理システム「Sherpa(シェルパ)/倉庫管理クラウドソリューション」のサービス申込み受付を3月3日から開始し、4月25日からサービス提供を開始すると発表した。

PAGE TOP