[新製品・サービス]

日経統合システム、ストレージサービス「iTrustee by 日経DMC」を開始

2011年3月4日(金)

日経統合システムは2011年3月3日、エヌ・ティ・ティ・ビズリンク(以下、NTTビズリンク)が提供するインターネットストレージサービス「iTrustee(アイトラスティー)」を利用し、メディア業界など法人向けに特化したストレージサービス「iTrustee by 日経DMC」の提供を同日より開始すると発表した。

日経統合システムが運営する「日経DMC(Digital Media Center)」は、コロケーション、ハウジングの他にも、数々のiDC関連サービスを提供している。またNTTビズリンクが2000年11月より提供している「iTrustee」は、インターネット上のストレージサーバに利用者専用スペースを用意し、ファイルのアップロード/ダウンロードや複数拠点でのファイルの共有を簡単な操作で行うことができるASPサービスである。

「iTrustee by 日経DMC」は、大容量のデータのやり取りを安全に行いたいという要望に応え、「iTrustee」をカスタマイズしたインターネットストレージサービスである。同サービスは、ビジネスシーンでの利用を想定したセキュリティ・利便性を高める機能を用意しているほか、特にメディア業界の利用シーンにマッチした機能を提供する。

「iTrustee by 日経DMC」の主な機能および特徴は次のとおり。

  1. サブユーザの作成とフォルダ共有機能
    契約者(以下、ユーザ)の配下にファイルを共有する相手(以下、サブユーザ)を作成することができ、ユーザ以外の相手にもアクセス権限を渡すことができる。また、ユーザ、サブユーザ間でストレージ上に共有できるフォルダを作成できる。
  2. アクセス制限/操作履歴管理機能(セキュリティプラス)
    ストレージ上に作成したフォルダ単位にアクセス権限を設定できる。また、サブユーザで共有するフォルダに対して、パスワード設定することもできる。アクセス可能なサブユーザの操作内容の詳細情報も表示・確認、操作履歴の保存、表示、および履歴一覧のダウンロードができる。
  3. IPアドレス制限機能
    ユーザ、サブユーザに対して、許可したIPアドレス以外からのログインを制限する機能。同機能により、安心して使うことができるセキュアな情報共有環境が提供される。
  4. アップロード/ダウンロード通知機能
    ユーザがファイルをアップロードした際、およびサブユーザがファイルをアップロード/ダウンロードした際に、自動的にメールで知らせる機能。同機能により、スムーズな情報共有が可能となり、業務効率UPを図ることができる。
  5. 紹介メール機能
    暗号化された専用URLを相手に紹介メールで送ることにより、専用URLクリックだけで、「iTrustee by 日経DMC」のユーザ以外(ゲストユーザ)でもファイルをダウンロードすることができる。また、ゲストユーザがファイルをダウンロードしたことを自動的にメールで通知する機能も用意されている。

「iTrustee by 日経DMC」の利用料金(税別)は、5ID・ディスク容量1GBプランで4000円/月~。
ID数の追加および、ディスク容量(1TBまで)の増設ができる。


「iTrustee by 日経DMC」
http://www.ndmc.ne.jp/itrustee/

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク
http://www.nttbiz.com

日経統合システム
http://www.nasnet.co.jp/

関連記事

日経統合システム、ストレージサービス「iTrustee by 日経DMC」を開始日経統合システムは2011年3月3日、エヌ・ティ・ティ・ビズリンク(以下、NTTビズリンク)が提供するインターネットストレージサービス「iTrustee(アイトラスティー)」を利用し、メディア業界など法人向けに特化したストレージサービス「iTrustee by 日経DMC」の提供を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP