[シリコンバレー最前線]

米国で急成長中の映画配信サービス 米Netflixのクラウド活用を知る

2011年3月7日(月)

「米国シリコンバレーで今起きていること」をテーマに、企業や社会、市民生活における現地のIT最新事情をお伝えする。世界最先端の同地域を知ることは、日本の明日を知ることにつながるからだ。第1回はビデオ配信を取り上げる。

映画のレンタルと言えば、最初はVHSのカセットテープだった。当初は小さな個人経営のビデオレンタルの店が町に林立し、米国ではその後1985年にビデオレンタルチェーンのBlockbuster(ブロックバスター)社とMovie Gallery(ムービーギャラリー)社が設立された。

家庭にビデオデッキが普及した時代の波に乗って、両社は急成長した。Movie Galleryが経営するビデオレンタルショップの名前はHollywood Video(ハリウッドビデオ)。最盛期には全米で5000店舗を数えるまでになった。

その後、VHSカセットはDVDに置き換えられ、レンタル店の棚には以前より多数の映画DVDが並ぶようになった。金曜日の夕方はどのビデオレンタル店も客で混み合った。一度に5〜6本の映画を借りて行く親子連れの姿を見かけたものである。

パッケージからオンラインへ

Netflix社

1997年、ベンチャーキャピタルの投資を受けて新しい方式のDVDレンタルサービス会社Netflix(ネットフリックス)社が誕生した(写真)。レンタル店舗を持たず、ウェブで貸し出し予約を受け付けるとDVDを封書で郵送する方式である。一度に複数枚を予約できるが、郵送で届くのは1枚のDVDだけだ。受取った封筒を裏返すと、返信用封筒に変わり、それにDVDを入れてポストに投函すればよい。Netflixは返却を確認すると、予約された順番で次のDVDを郵送する。至って簡単である。月額5ドル99セントからという価格破壊が受けて人気は急上昇。同社は2003年にNASDAQに株を上場した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

米国で急成長中の映画配信サービス 米Netflixのクラウド活用を知る「米国シリコンバレーで今起きていること」をテーマに、企業や社会、市民生活における現地のIT最新事情をお伝えする。世界最先端の同地域を知ることは、日本の明日を知ることにつながるからだ。第1回はビデオ配信を取り上げる。

PAGE TOP