アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立、無線LAN位置検知システム「AirLocationⅡ」を機能強化

2011年3月8日(火)

日立製作所は2011年3月7日、屋内や屋外、また密閉空間においてRFIDタグと無線LAN通信を用いて、多数の人・モノの位置情報をリアルタイムに検知する無線LAN位置検知システム「AirLocationⅡ(エアロケーション ツー)」を機能強化し、2011年3月8日から販売を開始すると発表した。

この機能強化では、「AirLocationⅡ」向けに、従来の位置検知機能に加え特定のエリアへの入退情報を検知できるRFIDタグ「AirLocationⅡTag-S(エアロケーション ツー タグエス)」を開発し、入退情報を検知できる通過検知システム「AirLocation/MJ(エアロケーション エムジェイ)」の機能を「AirLocationⅡ」に追加、連携させることで、位置情報管理と入退管理を同一システムで実現した。

これにより、データセンターなど機密情報を扱うエリアでのセキュリティ管理や危険な作業を行なう作業員の安全管理など、より詳細な位置情報を必要とする業務などに適用可能なシステムが、コストを抑えながら導入可能となる。

機能強化した「AirLocationⅡ」の特長は以下のとおり。

  1. 多機能のRFIDタグ「AirLocationⅡTag-S」の開発
    新開発「AirLocationⅡTag-S」は、位置検知用の情報を発信する機能に加え、微弱な電波エリア帯を通過した時だけ情報を発信する機能を持ち、位置検知と入退検知を行うことが可能。また、ブザーや緊急コールボタンも備え、位置や入退の情報と組み合わせることで、さまざまなサービスに対応可能。
  2. 位置情報管理と入退管理を組み合わせ、より詳細な位置情報の把握を実現
    RFIDタグから発信される無線LAN信号の伝搬時間とTDOA方式に基づく三辺測量による位置検知、電波の強度を活用したRSSI方式による概略位置検知により、誤差1~3mで位置情報を管理する機能に加え、LF発信機による微弱な電波エリアをRFIDタグが通過した際の検知情報により入退管理を行なう機能を「AirLocationⅡ」に追加。これらの位置情報とエリアへの入退情報の管理を同一システム上で実現することで、より詳細な位置情報の把握が可能となるため、機密情報を扱うエリアなどでのより厳密なセキュリティ管理や危険な作業を行なう作業員のよりきめ細かい安全管理が可能となる。

「AirLocationⅡ」の価格は個別見積もりとなり、2011年7月29日より出荷が開始される予定。


日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

 

関連記事

日立、無線LAN位置検知システム「AirLocationⅡ」を機能強化日立製作所は2011年3月7日、屋内や屋外、また密閉空間においてRFIDタグと無線LAN通信を用いて、多数の人・モノの位置情報をリアルタイムに検知する無線LAN位置検知システム「AirLocationⅡ(エアロケーション ツー)」を機能強化し、2011年3月8日から販売を開始すると発表した。

PAGE TOP