[新製品・サービス]

ALSI、ファイル暗号化ソフトの新版「DocumentSecurity Ver. 4.0」を発売

2011年3月10日(木)

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2011年3月9日、ファイル暗号化ソフト「DocumentSecurity(ドキュメントセキュリティ)」をバージョンアップし、2011年3月31日より新バージョン「Ver. 4.0」として発売開始すると発表した。

「DocumentSecurity」は、情報漏洩対策としての基本機能である、暗号化、アクセス制御、デバイス制御、フォレンジック機能を実装しつつ、使いやすさ、運用のしやすさといったユーザビリティを実現した情報漏洩防止ソフト。ファイル単位の暗号化を実現し、企業内部からの情報流出を効果的に防ぐことが可能。ファイルごとにアクセス権限を制限することができるため、情報漏洩の主な原因の1つである「メールの誤送信」の対策としても効果的な製品。

「DocumentSecurity Ver. 4.0」の追加機能は以下のとおり。

  1. Microsoft Office2010に対応
  2. Adobe Reader Xに対応
  3. 日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Editionに対応

同製品の価格(税込)は以下のとおり。

・DocumentSecurity:55万1,250円~
・DocumentSecurity BASIC/暗号Edition:22万5,750円~

アルプスシステムインテグレーション
http://www.alsi.co.jp/

 

関連記事

ALSI、ファイル暗号化ソフトの新版「DocumentSecurity Ver. 4.0」を発売アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2011年3月9日、ファイル暗号化ソフト「DocumentSecurity(ドキュメントセキュリティ)」をバージョンアップし、2011年3月31日より新バージョン「Ver. 4.0」として発売開始すると発表した。

PAGE TOP