[新製品・サービス]

日立東日本ソリューションズ、SynVizシリーズと他システムとの連携を強化する「SynVizデータ連携オプション」の提供を開始

2011年3月10日(木)

日立東日本ソリューションズは2011年3月9日、プロジェクト管理システムSynVizシリーズと基幹システムやERP等の他システムとの連携を可能にする「SynVizデータ連携オプション」の提供を開始したと発表した。

「SynVizデータ連携オプション」は、受注情報等の社内システムと、対応するプロジェクトを管理するSynVizを連携させたいというユーザーからのニーズに応え開発した製品。SynVizのリリース以降、業務の中心であるプロジェクト管理と、関連する情報システムを連動させたいという相談が多かったため、「SynVizデータ連携オプション」により、双方のシステム間で情報を共有し同期化することを可能とした。

同製品を活用すると、他システムのデータをSynVizに取り込んで活用したり、SynVizで作成したデータを他システムに反映するなど、双方のシステム間で情報を共有できるため、入力の手間やコスト、入力ミス等のリスクを低減することができる。

同製品の価格は個別見積もりとなる。


日立東日本ソリューションズ
http://www.hitachi-to.co.jp/

関連記事

日立東日本ソリューションズ、SynVizシリーズと他システムとの連携を強化する「SynVizデータ連携オプション」の提供を開始日立東日本ソリューションズは2011年3月9日、プロジェクト管理システムSynVizシリーズと基幹システムやERP等の他システムとの連携を可能にする「SynVizデータ連携オプション」の提供を開始したと発表した。

PAGE TOP