[最前線]

データベースシステムの新しいトレンド NoSQL製品の可能性を理解する

2011年3月14日(月)

クラウドを生かすオープンソース クラウドコンピューティングの広がりは、これまで一般的だった3階層のWebシステムに課題を突き付けている。 そうした中、急速に注目を集めているのが、柔軟な拡張性を持つ「NoSQL」と呼ばれるデータベース技術だ。 米アマゾン・ドット・コムや米フェイスブックといった大規模なサービス事業者が独自に開発して、 オープンソースとして公開している新たなデータベース技術は、リニアな性能向上を実現する高い拡張性を持つ。 本稿ではNoSQLを特徴によって分類し、どういう用途に向くかを整理すると共に、NoSQLの機能や性能を紹介する。

※本記事は野村総合研究所発行の「ITソリューションフロンティア2010年12月号 通巻324号」の記事に一部加筆・編集して掲載しています。

従来、一般的なWebシステムはWeb3階層と呼ばれる構成が主流だった。周知の通り、Web3階層は、Webブラウザを用いたインタフェースをつかさどる「プレゼンテーション層」、Webアプリケーションを実装する「ビジネスロジック層」、データを格納する「データベース層」の3階層に分けてシステムを構成するものである。3階層の構成を採ることにより、システムの柔軟な変更を可能にした。

NoSQL登場の背景
RDBMSの課題解消を目的に開発

しかし、このアーキテクチャもサービス規模の急拡大によって限界に近付きつつある。プレゼンテーション層とビジネスロジック層はスケールアウト(サーバーの増設による拡張)が容易なのに対して、既存のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)によって作られたデータベース層は基本的にスケールアウトが困難なためである。

複数のサーバーから同時にデータベースを操作できるOracleのRAC(Real Application Clusters)構成のように、RDBMSでもスケールアウトが可能なものもある。だが、現実問題としては、スケールアウトの規模は数倍程度が限界。データベースの内容を複数のアプリケーションサーバーに分散してキャッシュする仕組み「分散キャッシュ」をRDBMSの前に配置する方法もあるが、それもクラウドコンピューティング規模になると、同期の遅延や運用の複雑さが実用的な範囲を超える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

データベースシステムの新しいトレンド NoSQL製品の可能性を理解するクラウドを生かすオープンソース クラウドコンピューティングの広がりは、これまで一般的だった3階層のWebシステムに課題を突き付けている。 そうした中、急速に注目を集めているのが、柔軟な拡張性を持つ「NoSQL」と呼ばれるデータベース技術だ。 米アマゾン・ドット・コムや米フェイスブックといった大規模なサービス事業者が独自に開発して、 オープンソースとして公開している新たなデータベース技術は、リニアな性能向上を実現する高い拡張性を持つ。 本稿ではNoSQLを特徴によって分類し、どういう用途に向くかを整理すると共に、NoSQLの機能や性能を紹介する。

PAGE TOP