[インタビュー]

「監視カメラの応用アプリはアイディアの宝庫」、Axis Communications AB製品担当

2011年3月10日(木)

スウェーデンのAxis Communicationsは、監視用ネットワーク・カメラの開発ベンダー。2011年3月11日に国内で発表会を開催し、ドーム型カメラ新製品「M50シリーズ」を発表した(関連記事)。インプレスビジネスメディアは同日、同社でProduct Managerを務めるKent Fransson氏に、ネットワーク・カメラの動向を聞いた。

スウェーデンのAxis CommunicationsでProduct Managerを務めるKent Fransson氏
写真 スウェーデンのAxis CommunicationsでProduct Managerを務めるKent Fransson氏

---ネットワーク・カメラはどう進化してきたのか。

大きく2つある。1つの側面は、ネットワーク帯域と画質の進化だ。もう1つは、カメラ自身のインテリジェンス化だ。いずれも、ディジタル方式のカメラであるからこそ実現できたことだ。

ネットワーク帯域と画質の進化は、こうだ。

1995年に入社した当初、私はネットワーク・カメラに対して疑心暗鬼だった。帯域は10Mビット/秒しかなく、動画形式は、フレームごとに圧縮するために圧縮率がさほど高くならないMotion JPEGだったからだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「監視カメラの応用アプリはアイディアの宝庫」、Axis Communications AB製品担当スウェーデンのAxis Communicationsは、監視用ネットワーク・カメラの開発ベンダー。2011年3月11日に国内で発表会を開催し、ドーム型カメラ新製品「M50シリーズ」を発表した(関連記事)。インプレスビジネスメディアは同日、同社でProduct Managerを務めるKent Fransson氏に、ネットワーク・カメラの動向を聞いた。

PAGE TOP