[新製品・サービス]

マカフィー、社員のモバイル端末を集中管理して情報漏えいを防止するソフト

2011年3月11日(金)

マカフィーは2011年3月11日、モバイル端末用セキュリティ・ソフトの企業向け版「McAfee Enterprise Mobility Management」(EMM)を発表した。2011年4月1日に出荷する。社員に持たせたモバイル端末をインターネット経由で集中管理し、主として情報漏えいを防止する。参考価格(税込)は、1ライセンスあたり1万8606円~9303円。開発会社は、米McAfee。

EMMは、企業用途に適したモバイル端末用のセキュリティ・ソフト。セキュリティ・ポリシーの強制により、主として端末からの情報漏えいを防止する。主な機能は、ポリシー設定の配布と適用、導入アプリケーションの把握と制御(インベントリ管理/ソフトウエア配布、認証)、社内へのVPN接続、端末内のデータ暗号化、端末紛失時の遠隔データ消去、企業のポリシーに合致しない通信手段やデータ通信/転送サービスの禁止、など。

ソフトウエア構成は、端末に導入する専用のエージェント・ソフトと、エージェントをインターネット経由で集中管理する管理サーバー群で成り立つ。管理サーバー群は、DMZ(非武装地帯)に設置してインターネットと社内LANを中継するゲートウエイや、セルフ・サービス型のポータル、認証やデバイス管理、管理コンソールなど、各種のコンポーネントで構成する。

エージェントの稼働環境は、Android、iPhone 3.x/4.0、Windows Mobile 5/6.x、HP WebOS。管理サーバー群の稼働OSは、Windows Server 2003/2008。別途、SQL Server 2005/2008が必要。

価格(税込の参考価格)は、もっとも小規模な導入数となる11~25ライセンスの場合に、1ライセンスあたり1万8606円、もっとも大規模となる1万ライセンス超で1ライセンスあたり9303円。なお、一般的な中小企業である100~500人規模の場合は、1ライスンスあたり1万4000円程度。

2011年6月以降には、既存の業務アプリケーションを遠隔操作するためのVDI(デスクトップ仮想化)ミドルウエアを使えるようにするほか、管理サーバー群をSaaS形式で提供する。

関連記事

マカフィー、社員のモバイル端末を集中管理して情報漏えいを防止するソフトマカフィーは2011年3月11日、モバイル端末用セキュリティ・ソフトの企業向け版「McAfee Enterprise Mobility Management」(EMM)を発表した。2011年4月1日に出荷する。社員に持たせたモバイル端末をインターネット経由で集中管理し、主として情報漏えいを防止する。参考価格(税込)は、1ライセンスあたり1万8606円~9303円。開発会社は、米McAfee。

PAGE TOP