[中国電脳事情]

【中国電脳事情】「中国インターネット人口は4.5億人」など(第15回)

2011年3月16日(水)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

中国インターネット人口は4.5億人

─ 科技日報(1/1)

国務院新聞弁公室主任の王晨氏は2010年12 月30 日の定例記者会見上で、「2010年11 月末の時点で中国のネットユーザー人口は4.5 億人を突破し、インターネット普及率は33.9%で、世界平均である30%を超えた」と発表した。

同氏は「インターネットは中国においてすでに重要なインフラとなっており、甚大な影響力を有している。また、科学技術、経済、政治、社会、文化の発展や、社会文明の進歩、国民の生活レベルの向上に極めて大きく貢献している」と発言。続けて「他の多くの国と同じく、ハッカーによる攻撃やネット上に溢れるウイルスなど、セキュリティに関する問題が日増しに深刻化しており、特にネットを利用した詐欺、窃盗、マネーロンダリングなどの犯罪行為が横行している」と懸念を示した。

動画のYoukuがニューヨーク証券取引所に上場

─ 解放日報<電子版>(1/2)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】「中国インターネット人口は4.5億人」など(第15回)中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP