[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part10―これまでの歩み

2011年3月17日(木)

ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が進めるシステム刷新「G10プロジェクト」は現在、システム間結合テストの段階にある。大きな動きがないこの時期を利用して、今回はG10のこれまでを振り返ってみよう。

ITとビジネスの思いが合致

G10の源流をたどると、2008〜2009年にかけてGDO社内で同時発生した3つの動きに行き当たる。1つはIT戦略室による情報流通改革だ。当時、GDOの業務システムと会計システムの間には、データ連携の仕組みがないという問題があった。仕入れ申請や承認といったりん議にワークフローシステムを利用していたが、結果を会計システムに登録するには、仕入れ担当者が記入した紙の伝票を経理担当者がシステムに手入力する必要があったのである。これは業務効率の低下はもちろん、入力ミスの原因にもなっていた。問題を解消するため、IT戦略室は情報流通改革、具体的には新しいワークフローシステムとグループウェアの導入を決めた。

第2は、経理部門における新・会計システムへの動きである。当時、同部門は会計データの精度が低いことを問題視していた。上述の入力ミスなどの結果、販売や在庫管理といった業務システム上のデータと会計データを一致させるための労力がかかっていた。データの粒度もばらばらだった。膨大な受注データを月次で処理するため、複数の売上を1つにまとめて入力することが半ば常態化していたからである。「データの精度を高めなければ、財務情報による経営分析、判断を効率化、高度化できない。それには会計システムの刷新が不可欠」。経理業務を統括するCFOは、こう決断した。

一方でリテール、ゴルフ場予約、メディアというGDOの中核を成す3事業部でも、業務システム刷新の機運が高まっていた。中期経営計画を策定する中で、「現行システムが事業拡大の足かせになりかねない」という危機感が生まれたからである。創業から10年、追加や変更を繰り返してきたつぎはぎだらけの現行システムでは、現場が思い描く将来の業務フローやサービスの強化・拡充、サービス品質を支える業務フローの構築は困難だった。

IT、経理、業務部門におけるこれらの取り組みは、間もなく1本の大河になった。それが全社挙げてのシステム刷新プロジェクト「G10」であり、「次の10年を戦うため」のシステム基盤整備である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part10―これまでの歩みゴルフダイジェストオンライン(GDO)が進めるシステム刷新「G10プロジェクト」は現在、システム間結合テストの段階にある。大きな動きがないこの時期を利用して、今回はG10のこれまでを振り返ってみよう。

PAGE TOP