[新製品・サービス]

候補語の自動表示など、検索を支援する機能を強化

2011年3月25日(金)

ConceptBase Enterprise Search 2.0/ジャストシステム ジャストシステムは2011年1月18日、エンタープライズサーチソフト「Concept Base Enterprise Search」の新版を発表した。検索作業を効率化する機能を強化し、文書の利用促進と業務の生産性向上を支援する。

新版は検索作業を補助する機能を追加した。入力した検索キーワードから想定される他のキーワード候補を自動で表示するのに加え、検索結果からファイル形式や作成者といった属性で手軽に絞り込む機能を実装し、必要な情報を探しやすくした。検索結果上にマウスを合わせるだけで文書ファイルをサムネイルで表示するオプションも用意する。

1サーバーあたりの検索対象データ容量も増やした。従来モデルは1TBだったが新版は3TBに拡張。検索速度も従来比で最大2倍に引き上げた。

検索対象数の違いから3つのモデルを用意する。対象数が75万文書となる「Basic Edition」の価格は200万円。300万文書となる「Workgroup Edition」の価格は500万円。対象文書数の制限がないモデルの価格は800万円(すべて1サーバーあたり)。 (折川)

関連記事

候補語の自動表示など、検索を支援する機能を強化ConceptBase Enterprise Search 2.0/ジャストシステム ジャストシステムは2011年1月18日、エンタープライズサーチソフト「Concept Base Enterprise Search」の新版を発表した。検索作業を効率化する機能を強化し、文書の利用促進と業務の生産性向上を支援する。

PAGE TOP