アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

相栄電器、リアルタイム自動デフラグツール「Diskeeper 2011 日本語版」を発売

2011年3月24日(木)

相栄電器は2011年3月23日、リアルタイム自動デフラグツール「Diskeeper 2011 日本語版」(米Diskeeper Corporation製品)の日本国内における販売を担当し、2011年3月28日よりダウンロード版の販売を開始すると発表した。パッケージ販売およびボリュームライセンス販売は、準備が整い次第開始する予定とのことである。

「Diskeeper 2010」では、IntelliWrite(インテリライト)と呼ばれる革新的な技術により、ファイルの書き込みを制御し断片化の発生を最大85%防止していたが、今回、新たに搭載されたInstant Defrag(インスタントデフラグ)で、断片化したデータを発生後即座に解消できるようになっている。

「Diskeeper 2011」の特徴は次のとおり。

  • Instant Defrag搭載
    新機能のInstant Defragは、断片化の発生を防止し続けるIntelliWriteとの併用により、断片化したデータを発生後即座に解消できるようになった。従来、防止できなかったファイルは毎時単位でのスキャン・監視を行っていたのに対し、Instant Defragにおいては防止されなかったファイルを即座に記憶することにより、解消までの時間を短縮できる。
  • 節約されたディスクアクセス(I/O)の可視化
    コンピューターのパフォーマンス改善を妨げる不要なディスクアクセス(I/O)処理を最大40%削減し、累計削減数を表示する。これにより、システム処理のオーバーヘッド、ディスクヘッドの移動、消費電力が制御される。
  • デフラグのオプション
    Diskeeperは、デフォルトで効率的なデフラグ方法が設定されている。I/Oを最小限に抑えながらデフラグを実行する推奨設定または、断片化による影響をそれほど受けていないものを含めて、ファイル、フォルダ、空き領域のすべてをデフラグする設定も可能である。
  • 完全自動処理
    Diskeeperは、ユーザーが何も操作しなくても実行できるよう設計されている。インストールしたら、後はDiskeeperに任せることができる(手動で実行するオプションもある)。そして、独自機能InvisiTasking(インビジタスキング)がシステムのリソースの消費状態を注意深く監視し、処理をコンピューターのリソース(使われていない部分)に投入する。
  • IntelliWrite(断片化防止機能)搭載
    IntelliWriteは、ほとんどの断片化の発生を防止し(最大85%)、Windowsのシステムパフォーマンスを向上させるテクノロジーである。断片化の一部は防止不可能なため、自動デフラグ機能によって解消される。IntelliWriteと自動デフラグを組み合わせることによって、より効果的かつ効率的な方法でシステムパフォーマンスが維持される。
    (IntelliWriteを実行するには、2GB以上のディスクの空き領域が必要)。
  • I-FAAST(アイファスト:Intelligent File Access Acceleration Sequencing Technology)
    Professional以上に搭載されるI-FAASTは、独自のファイル再配置技術により、従来の通常デフラグ処理に比べ10~80%の高速化を可能にする。
  • Terabyte Volume Engine(テラバイトボリュームエンジン:TVE)
    Pro Premier以上に適用のTVEは、60GB以上のボリュームでより高速なデフラグ処理を可能にする。
  • Titan Defrag Engine(タイタンデフラグエンジン:TDE)
    EnterpriseServerだけに搭載のTDEは、強力なデフラグエンジンであり、Terabyte Volume Engineでさえも上回る。TDEは、最大級の大量データボリューム用に特化し、10TB、20TB、そしてそれよりもさらに大きなデータを処理することのできる唯一のデフラグソリューションである。

「Diskeeper 2011 日本語版」の1ライセンス(ダウンロード版)の希望小売価格(税抜き)は次のとおり。

「Home 4000万本突破キャンペーン版」は、4643円。
「Professional」は5571円、アップグレードは3357円。
「Pro Premier」は9286円、アップグレードは5571円。
「Server」は3万2500円、アップグレードは1万9500円。
「EnterpriseServer」は5万5714円、アップグレードは3万3571円。
「Administrator」は3万7143円、アップグレードは2万2286円。

なお、2011年3月15日~2011年5月31日にDiskeeper 2010 日本語版を購入し、ユーザー登録している場合は、無償アップグレードの対象となる。


「Diskeeper 2011 日本語版」
http://www.sohei.co.jp/software/diskeeper/

「Diskeeper 2011 日本語版」の試用版
http://www.sohei.co.jp/software/download.html

相栄電器
http://www.sohei.co.jp

関連記事

相栄電器、リアルタイム自動デフラグツール「Diskeeper 2011 日本語版」を発売相栄電器は2011年3月23日、リアルタイム自動デフラグツール「Diskeeper 2011 日本語版」(米Diskeeper Corporation製品)の日本国内における販売を担当し、2011年3月28日よりダウンロード版の販売を開始すると発表した。パッケージ販売およびボリュームライセンス販売は、準備が整い次第開始する予定とのことである。

PAGE TOP