[市場動向]

ストレージの「今」を知る

2011年3月29日(火)

BigData時代に向けて 企業が取り扱うデータは増え行く一方だ。格納場所となるストレージを個別システムごとに用意するのは、ディスクの使用効率や運用の手間などの観点から、あまりにもムダが多い。ユーザーの悩みを解決すべく、ストレージベンダー各社は仮想化や階層化、重複排除などの技術に磨きをかけている。用途ごとにいかに統合を図るか。BigData時代に備え、ストレージを巡る最近動向を伝える。 [力竹 尚子/折川 忠弘]

関連記事

ストレージの「今」を知るBigData時代に向けて 企業が取り扱うデータは増え行く一方だ。格納場所となるストレージを個別システムごとに用意するのは、ディスクの使用効率や運用の手間などの観点から、あまりにもムダが多い。ユーザーの悩みを解決すべく、ストレージベンダー各社は仮想化や階層化、重複排除などの技術に磨きをかけている。用途ごとにいかに統合を図るか。BigData時代に備え、ストレージを巡る最近動向を伝える。 [力竹 尚子/折川 忠弘]

PAGE TOP