[技術解説]

技術解説2〜シンプロビジョニング (Part 4)

2011年4月12日(火)

必要な容量を動的に確保し リソースの無駄と設計の手間を解消 ストレージのきょう体を超えて大きなストレージプールを作り出す仮想化技術とは別に、サーバーに提供する「ボリューム容量」を仮想化する技術が「シンプロビジョニング」である。 すでに広く導入が進んでいるこの技術を概説する。折川 忠弘(編集部)

ストレージの容量はピーク時に備えて、もしくは今後増えるであろう将来予測の下、ある程度余裕を持たせて割り当てるのが一般的だ。後から容量を増やしてチューニングを施すのが簡単ではないからである。

しかし、その結果として実際には半分以上の容量を使わず無駄にしているケースもあるという。できるだけ少ない容量でカバーし、余裕がなくなってきた時に簡単に容量を追加できる方法はないものか。こうしたニーズに応えるものとして「シンプロビジョニング」を利用するケースが増えている。

物理的な割り当てより大きく見せかける

シンプロビジョニングは、サーバーに割り当てるストレージの容量を、「物理実装」分より大きく見せかける技術だ。

図4-1にシンプルな例を示した。例えば中長期的な視点でサーバーが10TBの容量を持つストレージを必要とする場合、従来は最初から10TBのディスクを集めて割り当てることが必要だった。ここには将来やピーク時に備えた“保険”分の容量も加算されており、フルに使うことはまずない。そこでシンプロビジョニングは、サーバーには10TB分の容量があるように見せつつ、実際はそれより少ない容量(図では3TB)のディスクを割り当てるだけで済ませようというものだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

技術解説2〜シンプロビジョニング (Part 4)必要な容量を動的に確保し リソースの無駄と設計の手間を解消 ストレージのきょう体を超えて大きなストレージプールを作り出す仮想化技術とは別に、サーバーに提供する「ボリューム容量」を仮想化する技術が「シンプロビジョニング」である。 すでに広く導入が進んでいるこの技術を概説する。折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP