[新製品・サービス]

インターコム、iPad用のIBM 5250(オフコン)端末エミュレータ

2011年3月30日(水)

インターコムは2011年3月17日、iPad上で動作する5250端末ソフト「FALCON 5250 for iPad」を出荷した。営業担当者の業務端末用途など、IBMのオフコンを外出先から利用する用途に適する。価格は税込み4800円で、App Store経由で購入する。

FALCON 5250 for iPadは、iPad上で動作する5250端末エミュレータ・ソフト。IBMのオフコン(IBM Power Systemsサーバー上で動作するオフコンOSであるIBM i、i5/OS、OS/400)を、キャラクタ・ベースの端末画面で遠隔操作する。接続プロトコルはTN5250(Telnet)。

5250端末ソフトは各種プラットフォーム用に提供されているが、iPadを利用することで、一般的なノートPCと比べて手軽に利用できる。縮小/拡大やカーソル移動など、タッチ・パネルによって操作性が高まる。独自のソフトウエア・キーボードを搭載し、5250端末固有のキーを入力できる。

写真1 FALCON 5250 for iPadの画面

写真1 FALCON 5250 for iPadの画面

関連記事

インターコム、iPad用のIBM 5250(オフコン)端末エミュレータインターコムは2011年3月17日、iPad上で動作する5250端末ソフト「FALCON 5250 for iPad」を出荷した。営業担当者の業務端末用途など、IBMのオフコンを外出先から利用する用途に適する。価格は税込み4800円で、App Store経由で購入する。

PAGE TOP