コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本IBM、Lotus Notes/Dominoのクラウド化を促進する新ライセンス体系を提供開始

2011年4月1日(金)

日本IBMは2011年3月31日、IBMのグループウェア「Lotus Notes / Domino」を利用しているユーザー向けに、メールや業務アプリケーションのクラウドへの移行を支援するための新しいライセンス体系「IBM Lotus Domino Utility Server for LotusLive」を、同日より提供開始することを発表した。

この新ライセンス体系は、LotusLive Notesと併用する場合、「Lotus Notes / Domino」のサーバーおよびクライアントへの課金を、サーバーライセンスである「IBM Lotus Domino Utility Server for LotusLive」に一本化するもの。これにより、「Lotus Notes / Domino」のクライアント・ライセンス料金が不要になり、ユーザーは使用料金を大きく低減できるとともに、ライセンス管理も容易になる。特に、クライアント・ユーザー数の多い企業では価格メリットが大きく、たとえばユーザー数が1000人の企業では、ライセンス価格が3割以上低減するという。

現在Lotus Notes/Dominoを利用しているユーザーが「IBM Lotus Domino Utility Server for LotusLive」に移行する場合のライセンス料金は、147万3千円(税別、100PVUの場合)。なお、新規に「Lotus Domino Utility Server for Lotuslive」を契約した場合のライセンス料金は、293万2千円(税別、100PVUの場合)。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

関連記事

日本IBM、Lotus Notes/Dominoのクラウド化を促進する新ライセンス体系を提供開始日本IBMは2011年3月31日、IBMのグループウェア「Lotus Notes / Domino」を利用しているユーザー向けに、メールや業務アプリケーションのクラウドへの移行を支援するための新しいライセンス体系「IBM Lotus Domino Utility Server for LotusLive」を、同日より提供開始することを発表した。

PAGE TOP