[新製品・サービス]

日本オラクル、BI・経営管理・CRMなど中堅企業向け短期導入ソリューションを拡充

2011年4月5日(火)

日本オラクルは2011年4月4日、中堅企業向け短期導入ソリューションの構築を支援するパートナー向けプログラム「Oracle Accelerate」により、8社のパートナーから新たに15種類のソリューションが提供開始となったことを発表した。それにより、日本で展開される「Oracle Accelerate」ソリューションは、21社のパートナーから合計で56種類となる。

今回の拡充では、オラクルのBI(ビジネス・インテリジェンス)製品「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」、および自社導入型CRM「Siebel CRM」と、SaaS型CRM「Oracle CRM On Demand」のソリューションが日本で初めて提供可能になった。また、経営管理の分野では、IFRS対応へのニーズに応えた連結管理ソリューションが3種類加わったほか、中堅企業向けERPアプリケーション製品「JD Edwards EnterpriseOne」の財務会計システムを最短4カ月で導入可能なソリューションも提供されている。

「Oracle Accelerate」新ソリューションの概要は以下のとおり。

1. 自動車/自動車部品業界向け

  • 「Premium for Hyperion SBP 自動車部品メーカーモデル」(電通国際情報サービス提供):販売予算、製造予算、経費予算、設備投資予算、資金予算などと連動したP/L・B/S・C/F予算を立案可能な、総合予算管理ソリューション「Premium for Hyperion SBP」をベースに、自動車部品業界向けの販売予算・製造予算機能などを付加した業種別ソリューション。

2. 化学業界向け

  • 「Premium for Hyperion SBP プロセス製造モデル」(電通国際情報サービス提供):総合予算管理ソリューション「Premium for Hyperion SBP」をベースに、プロセス製造業様向けの製造予算機能などを付加した業種別ソリューション。

3. 消費財業界向け

  • 「消費財メーカー向け事業管理Starter Kit」(アクセンチュア提供):販売実績や販促費などの社内情報とともに、マーケット・データなど、散在する社内外のデータを統合的に保持し、消費財業界の特性を捉えた指標で現場の計画遂行統制・監視を支援するための仕組みを、「Hyperion Planning」をベースに短期間かつ低コストで導入するためのソリューション。

4. プロフェッショナルサービス業界向け

  • 「ITサービス業向けテンプレート」(東芝情報システム提供):東芝情報システムが「JD Edwards EnterpriseOne」を自社および販売子会社へ導入・運用したノウハウをベースとした短期導入ソリューション。
  • 「TEAMWORKS」(ワイ・ディ・シー提供):「JD Edwards EnterpriseOne」をベースパックとして、標準会計機能を強化したものに、仕様書等の各種ドキュメント、導入支援サービスをパッケージ化し、最短4カ月で財務会計システムを稼働可能とするソリューション。

5. 卸/流通業界向け

  • 「流通卸業向け会計・販売テンプレート」(東芝情報システム提供):「JD Edwards EnterpriseOne」をベースに、流通卸の顧客に対して展開されているソリューション。

6. 小売業界向け

  • 「Premium for Hyperion SBP 多店舗展開モデル」(電通国際情報サービス提供):総合予算管理ソリューション「Premium for Hyperion SBP」をベースに、多店舗展開ビジネスを展開する顧客向けの販売予算機能などを付加した業種別ソリューション。

7. 全業種向け

  • 「短期導入ソリューション Hyperion Starter Kit」(アクセンチュア提供):「Hyperion Financial Management」を活用し、現行の業務、システムへの影響を最小限に抑えた上で、安価、かつ短期間でのシステム導入を支援するソリューション。
  • 財務管理一致連結ソリューション「PrimeConsolidation」(CSK提供):「Oracle Hyperion Financial Management」が提供するデータ収集機能により、グループ会社から正確なデータを収集し、制度連結、管理連結に必要なすべてのデータを一元管理して、制度連結、管理連結を同一基準で可能にするソリューション。
  • 「Premium for Hyperion SMART」(電通国際情報サービス提供):「Hyperion Financial Management」を活用し現行の業務、システムへの影響を最小限に抑えた上で、安価、かつ短期間でのシステム導入を支援するソリューション。
  • 「Premium for Hyperion SBP」(電通国際情報サービス提供):「Hyperion Planning」をベースに、販売予算、製造予算、経費予算、設備投資予算、資金予算などと連動したP/L・B/S・C/F予算を立案可能な、多くの実績を持つ総合予算管理ソリューション。
  • 「Premium for Hyperion SBP プロジェクト管理モデル」(電通国際情報サービス提供):総合予算管理ソリューション「Premium for Hyperion SBP」をベースに、プロジェクト別管理を必要とする顧客向けのプロジェクト別部門別予算機能などを付加した業種別ソリューション。
  • 「CRMワンストップサービス」(アグレックス提供):「Oracle CRM On Demand」の導入だけでなく、企業のマーケティング、セールス活動のあらゆるフェーズでのタスクをワンストップで支援するサービス。
  • 「SFAスターターパック」(キヤノンITソリューションズ提供):CRMパッケージ「Siebel CRM」を活用し、キヤノンITソリューションの推進するSFA導入プロジェクトをベースとした短期導入テンプレート。
  • 「ite-PRIMAVERA-IT」(ITエンジニアリング提供):企業の業務要件を基に、テンプレートを使用した最適解にセットアップでき、プロジェクト管理システムの効果的な導入が可能なソリューション。


日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/


 

関連記事

日本オラクル、BI・経営管理・CRMなど中堅企業向け短期導入ソリューションを拡充日本オラクルは2011年4月4日、中堅企業向け短期導入ソリューションの構築を支援するパートナー向けプログラム「Oracle Accelerate」により、8社のパートナーから新たに15種類のソリューションが提供開始となったことを発表した。それにより、日本で展開される「Oracle Accelerate」ソリューションは、21社のパートナーから合計で56種類となる。

PAGE TOP