[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part11―姿を現した新システム

2011年4月13日(水)

これまで述べてきた通り、G10プロジェクトは3月初め現在、総合テストのフェーズにある。この後、受け入れテストに進む計画で、外部から見て大きな動きがあるわけではない。そんな中で、2つの喜ばしいトピックスがあった。今回は、その内容とテストの実情を報告する。

これまで述べてきた通り、G10プロジェクトは3月初め現在、総合テストのフェーズにある。この後、受け入れテストに進む計画で、外部から見て大きな動きがあるわけではない。そんな中で、2つの喜ばしいトピックスがあった。今回は、その内容とテストの実情を報告する。

IT投資の不合理を痛感

トピックスの1つは、ユニークなアーキテクチャで知られるイージェネラのブレードサーバー「BladeFrame」上でSAP ERPの開発・品質検証環境を構築し、仮想ブレード上で稼働させたことだ。

GDOは2009年にBladeFrameを導入。全社共通のシステム基盤として活用しており、性能や信頼性を高く評価している。とはいえ、BladeFrame上でSAP ERPを稼働させるのはGDOが国内初のケース。しかも、イージェネラが提供する仮想化機能を用いた仮想ブレード上での稼働は、SAPの認定を受けていない。「問題が起きることはないと確信していたが、実際に動いてほっとしている」(IT戦略室の志賀智之室長)。本番環境は、同機の物理ブレードを割り当てる。

もう1つのトピックは、会計システムの画面が出来上がったことだ。受注から在庫引き当て、請求まで一気通貫で画面の遷移を見られるようになった。だが画面を見た大日健CIOは、「この画面に億単位の金額を支払ったのか」という複雑な思いにかられたという。IT産業への疑問も湧いた。システム刷新を決め、ベンダーと契約を結んだのは2009年12月。それから1年以上、システムの完成像が分からぬままプロジェクトを進めてきた。「1年もたてば、企業の業務や規模は大きく変わる。当社のように、成長途上の中堅企業であればなおさらだ。実際の動作画面を見るまでに契約から1年以上、場合によっては数年かかるというIT業界のスピード感は、そうした現実とかけ離れている。ぜひ改善してほしい点だ」(大日CIO)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part11―姿を現した新システムこれまで述べてきた通り、G10プロジェクトは3月初め現在、総合テストのフェーズにある。この後、受け入れテストに進む計画で、外部から見て大きな動きがあるわけではない。そんな中で、2つの喜ばしいトピックスがあった。今回は、その内容とテストの実情を報告する。

PAGE TOP