[製品サーベイ]

安全性に配慮したクラウド上のディスク領域 データ共有やファイル転送で活用進む

2011年4月14日(木)

企業向けオンラインストレージ コンシューマ向けサービスの普及を機に注目が集まりつつあるオンラインストレージ。これまで安全性や使い勝手の面から企業はなかなか導入に踏み切れずにいたが、ここにきてセキュリティ対策や操作性を高めた「企業向け」が増えている。

クラウド上のディスク領域を貸し出すオンラインストレージへの注目が高まっている。

当初はコンシューマ向けのサービスとして人気に火が付いた。インターネット環境さえあれば利用場所を問わずに必要なファイルにアクセスできる、メール添付では扱えない大容量のファイルを第三者と受け渡しできる、などの利便性が評価されたためだ。やがて企業内個人が仕事でも使い始めたが、コンシューマ向け故にセキュリティ面の配慮から待ったがかかり、URLフィルタリングなどで利用を制限する企業も少なからず出てきた。

こうした中、アクセス制御による不正対策やデータのより安全な保管に工夫を凝らし、企業利用を想定したオンラインストレージがここにきて充実してきた。月額課金で必要な時に必要なだけ使え、用途に応じてきめ細かな運用ルールを適用できるものが中心だ。ファイルサーバーやFTPサーバーを自前で立てて運用するのに比べて手間がかからず、ディスク容量を持て余すなどのムダも排除できる。

用途により必要な機能は分かれる

オンラインストレージの用途は様々だが、ここではファイルサーバーのようにデータの保存・共有を主とした使い方と、大容量ファイルを第三者に転送する手段としての使い方に重点を置くものを取り上げる。市場で提供されているサービスには、どちらも視野に入れているものもあれば、一方に軸足を置いているものもある。選定の際には、実際の業務において、どのような使い方をするかを明確にしておくことが必要だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

安全性に配慮したクラウド上のディスク領域 データ共有やファイル転送で活用進む企業向けオンラインストレージ コンシューマ向けサービスの普及を機に注目が集まりつつあるオンラインストレージ。これまで安全性や使い勝手の面から企業はなかなか導入に踏み切れずにいたが、ここにきてセキュリティ対策や操作性を高めた「企業向け」が増えている。

PAGE TOP