[新製品・サービス]

約400種の機能を備えるSaaS型物流管理システム

2011年4月25日(月)

Sherpa(シェルパ)/倉庫管理クラウドソリューション/日立製作所 日立製作所は2011年3月1日、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型の倉庫管理システム「Sherpa/ 倉庫管理クラウドソリューション」を発表した。

Sherpaは、低温物流を手掛けるニチレイロジグループが冷蔵倉庫管理における業務ノウハウを盛り込んだサプライチェーンマネジメント(SCM)関連ソフト。入荷検品や倉庫の空きスペース管理、賞味期限警告など約400種類の機能群を備える。これを日立製作所のSaaSサービス「TWX-21」上で提供する。

新サービスは入庫・出庫管理や在庫管理、請求・売上管理など、複数のサブシステムで構成する。サプライヤや物流業者との間で入庫・出庫などの情報をやり取りするEDIや電子メール、自動FAX送信の機能も併せ持つ。ユーザー企業はこれらの中から必要なシステムを選択して、最短1カ月で倉庫管理システムを導入できるという。

3月3日にサービスの申し込みを開始、4月25日からサービスの提供を始める。料金は月額10万5000円から。日立製作所は2014年度までに400サイト、約30億円の販売を目指す。 (栗原)

関連キーワード

SCM / SaaS

関連記事

約400種の機能を備えるSaaS型物流管理システムSherpa(シェルパ)/倉庫管理クラウドソリューション/日立製作所 日立製作所は2011年3月1日、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型の倉庫管理システム「Sherpa/ 倉庫管理クラウドソリューション」を発表した。

PAGE TOP