[ザ・プロジェクト]

リアルタイム処理を追求したSCMシステムを構築、現場の経験生かしモノと情報の「完全同期」に挑む【富士通フロンテック】

2011年4月27日(水)

部分最適をいくら極めても、サイロ化したシステムをバッチ処理で連携させていては、いずれ製造業は立ち行かなくなる─。そんな思いから富士通フロンテックは、モノと情報の流れをリアルタイムで管理するサプライチェーンマネジメントシステムを開発。社内組織にとどまらず、サプライヤ200社にまで利用対象を広げたシステムの全容をプロジェクトの指揮官に聞いた。聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

南里 恒裕 氏
南里 恒裕 氏
富士通フロンテック コーポレートセンター シニアITディレクター
1974年4月、富士通に入社。開発製造部や製造技術部にて製品の設計・試作、FA(ファクトリー・オートメーション)やIE(インダストリアル・エンジニアリング)、ITを活用した工場の業務改革に従事する。1992年1月に生産部に異動し、システム担当部長として部品管理業務や生産業務の効率化をけん引。自動倉庫や電子看板の導入など、物流のJIT(ジャストインタイム)化を推進した後、2000年4月に生産技術部長に就任。翌2001年11月に富士通フロンテックへ転社し、情報システム統括部長兼SCM部長兼情報セキュリティ推進室長として、海外グループ会社を含む全社のIT戦略を統括する。2011年1月から現職。

─ サプライチェーンマネジメント(SCM)システム「iTOS(アイトス)」を稼働させて、予定よりも早く投資を回収することに成功したそうですね。システムの話をうかがう前に、まずはPOSやATMなどを製造する貴社の業界の近況を教えてください。

南里: (他の業界と同じく)国内だけでなく海外勢も強くなってきました。そうした中、収益力を高め続けるには抜本的にコストダウンを図る道を避けて通れません。何も変わらないまま業務を続けていれば、製品価格などの面でいずれ戦えなくなります。

─ 部品を共通化して資材調達コストを下げるなど、コストダウンにも色々な方法があります。

南里: 部品のコストダウンは収益力を上げる1つの方法ですが、打てる手はそれだけではありません。製造にかかわる非効率な業務を徹底的に排除し、間接費を下げることも重要です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連キーワード

SCM

関連記事

リアルタイム処理を追求したSCMシステムを構築、現場の経験生かしモノと情報の「完全同期」に挑む【富士通フロンテック】部分最適をいくら極めても、サイロ化したシステムをバッチ処理で連携させていては、いずれ製造業は立ち行かなくなる─。そんな思いから富士通フロンテックは、モノと情報の流れをリアルタイムで管理するサプライチェーンマネジメントシステムを開発。社内組織にとどまらず、サプライヤ200社にまで利用対象を広げたシステムの全容をプロジェクトの指揮官に聞いた。聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP