[新製品・サービス]

個人認証やリスクベース認証をサービスで提供

2011年4月27日(水)

CA Advanced Authentication Cloud Service/CA Technologies CA Technologiesは2011年2月23日、個人認証や不正トランザクション検知といった認証機能をサービスとして提供する「CA Advanced Authentication Cloud Service」の提供を開始した。

CA Advanced Authentication Cloud Serviceは、公開鍵証明書と秘密鍵を保管するソフトウェアトークンを利用した個人認証製品「CA Arcot WebFort」と、不正なトランザクションを検知して追加認証を課すリスクベース認証製品「CA Arcot RiskFort」の機能を、ネットワーク経由で利用可能にするサービス。各製品は同日よりオンプレミス版も出荷開始する。

2010年8月に買収した米アルコット・システムズが米国に保有していたデータセンターからサービスを提供する。国内では、パートナー企業のデータセンターからのサービス提供を進める考えで、既に住商情報システムが「SCS CLIP IAS」の名称で提供済みだ。

CA Advanced Authentication Cloud Serviceの月額利用料金(税別)は、1万ユーザーの場合、WebFortの機能が1ユーザー92円/月、RiskFortの機能が1ユーザー67円/月。 (鳥越)

関連記事

個人認証やリスクベース認証をサービスで提供CA Advanced Authentication Cloud Service/CA Technologies CA Technologiesは2011年2月23日、個人認証や不正トランザクション検知といった認証機能をサービスとして提供する「CA Advanced Authentication Cloud Service」の提供を開始した。

PAGE TOP