メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

IBMメインフレームのXML変換処理を高速化

2011年4月27日(水)

IBM WebSphere DataPower Integration Appliance XI50 for zEnterprise/日本IBM 日本IBMは2011年2月17日、同社製のメインフレーム「IBM zEnterprise 196」向けの、XML変換処理を高速化する機能拡張ユニット「IBM WebSphere DataPower Integration Appliance XI50 for zEnterprise」(DataPower XI50z)を発表した。

DataPower XI50zは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)環境におけるシステム間のデータ連携に必要なXMLデータの変換処理を、Webアプリケーションサーバーに代わって高速に実行するXML処理アクセラレータ。同等の処理をWebアプリケーションサーバーで処理すると、Webアプリケーションサーバーのトランザクション処理性能が大きく下がるという課題があった。

機能は既存のラックマウント型アプライアンス製品「IBM WebSphere DataPower XI50」と同等だが、zEnterprise 196専用の拡張ユニットの形状で提供することにより、zEnterpriseの管理コンソール「zManager」で、稼働状況の監視や負荷分散の制御を可能にした点が異なる。

2011年3月18日に出荷開始し、価格は非公開。 (日川)

関連記事

IBMメインフレームのXML変換処理を高速化IBM WebSphere DataPower Integration Appliance XI50 for zEnterprise/日本IBM 日本IBMは2011年2月17日、同社製のメインフレーム「IBM zEnterprise 196」向けの、XML変換処理を高速化する機能拡張ユニット「IBM WebSphere DataPower Integration Appliance XI50 for zEnterprise」(DataPower XI50z)を発表した。

PAGE TOP