CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート —ブックオフコーポレーション 福富啓之氏が選ぶ1冊

2011年4月28日(木)

「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」は、著者が40年にわたって書きためてきた日々の気づきをまとめたもの。書店でたまたま手に取りました。「人脈と社脈の差」「リーダーの心構え7ケ条」など、140のフレーズと解説が掲載されています。

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート
長谷川 和廣(著)
ISBN:978-4761266035
かんき出版
1365円

ぱらぱら読んでみたら「あ、これ私も書いたことがある!」というフレーズがいくつもあって。これは、ちょっと説明が必要ですね。実は、私も昔から小さなノートを持ち歩き、何か思いついたらその場で書き留めているんです。きっかけ?大学時代にサークルのみんなと会話する際、「新しい仲間と仲良くなるには、何か小ネタの1つも持っていないと」と考えて始めたんです。それ以来、思いついたことをすぐにメモする習慣がつきました。ちょっとした仕事のアイデアとか、そのときの迷いとか。時にはトリビアやダジャレなども(笑)。

でもおもしろいことに、そうやって書いたメモを読み返すことはあまりないんです。過去のノートは、引っ越しとか大掃除の際に押入れにしまってしまい、ほとんど開きません。私にとって、ノートは考えるためのツール。書くことは、考えることですから。

「ストーリーとしての競争戦略」は、社内の課題図書として読みました。成功している企業の戦略にはストーリーがある。そのことを、スターバックスやアマゾンなどを例に挙げながら論じています。当社の事例が取り上げられていることもあり、非常に大きな示唆を得ました。自分の会社にはストーリーがある。私たち社員はそれぞれがストーリーの一部を担っており、誰か1人欠けてもストーリーは成立しない。読後、そんなことを考えました。ちなみに、当社のストーリーは「捨てない人のためのインフラ」になることです。

ここで、リーダーシップに関する書籍を1冊。当社の橋本真由美会長が書いた「1日1回の『声がけ』で売上が伸びる! 」です。リーダーは、メンバーに対して日々のあいさつや「ありがとう」の一言を投げかけるよう努めるべき。それが職場内のコミュニケーションを改善し、目的意識を共有するための原動力になる。そんな持論を、豊富な経験をひきながら展開しています。声がけって、簡単なようで難しいですよね。つい、なおざりにしがちです。でももちろん、会長は実践しています。社内の廊下で社員とすれ違うとき、必ず「○○さん、こんにちは」などと声を掛けています。1人ひとりの名前をちゃんと覚えている。私も見習わなくては。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート —ブックオフコーポレーション 福富啓之氏が選ぶ1冊「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」は、著者が40年にわたって書きためてきた日々の気づきをまとめたもの。書店でたまたま手に取りました。「人脈と社脈の差」「リーダーの心構え7ケ条」など、140のフレーズと解説が掲載されています。

PAGE TOP