[新製品・サービス]

IIJと日本マイクロソフト、事業継続性の向上を支援するクラウドサービスで協業

2011年4月28日(木)

インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは2011年4月27日、企業のサーバー運用に伴う電力消費量の削減と事業継続性の向上を目的に、社内所有(オンプレミス)のシステム環境からクラウド環境への移行を共同で支援していくことを発表した。

具体的には、Windows Server環境で構築されたメールサーバー、データベースサーバー、ファイルサーバーなどの既存の情報システム資産を、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」へ移行するための支援を行う。また、移行を推進する新体制として、「IIJ GIOクラウドマイグレーションファクトリー for Windows」を2011年5月より開始する。

今回の協業における主な支援内容は以下のとおり。

  1. 電力消費量の削減と事業継続の支援
    特に東日本における電力事情の緩和と企業の事業継続性、および生産性の向上を目的に、既存のWindows Server上で動作するソフトウェア資産の、クラウド上への移行を支援する。それによりサーバー台数と消費電力を削減し、また主に西日本を中心に設備を展開するIIJ GIOサービスを活用することで、東日本での電力消費量の削減にも寄与することが可能。
  2. クラウドへの移行の自動化
    社内所有環境で動作するソフトウェアを、クラウド上の仮想サーバーへ移行するためのツールを活用。Novell社のPlate Spinを元に検証と移行を自動化するツールを作成し、IIJ GIO上にVHD(仮想ハードディスク)を実装する移行サービスを提供することで、短期間かつ低価格でのクラウド移行を支援する。
  3. 信頼性とセキュリティの確保
    マイクロソフトの仮想化技術Hyper-VTMと管理ツールSystem Centerを利用し、すでに多くの実績を持つIIJ GIOのWindowsサービスと、IIJ GIOが提供するセキュアなネットワークサービスを組み合わせることで、自社保有のサーバーと同等の信頼性とセキュリティをワンストップで提供可能にする。

また両社は、システムインテグレーターのアイティークルーと、日本ビジネスシステムズの二社の協力のもと、専任エンジニア20名体制で「IIJ GIOクラウドマイグレーションファクトリーfor Windows」をIIJ本社内に立ち上げる。日本マイクロソフトは、プロジェクトメンバーへの技術トレーニングをはじめとする支援を継続的に行う。新体制により、顧客のサーバー利用環境と移行対象のソフトウェアライセンスの確認、移行手段の確定、顧客サーバーの診断と自動化ツールの適用まで、クラウドへの移行支援サービスをワンストップで提供する。同サービスは、IIJと協力企業各社、およびオリックス、オリックス・レンテックを通じて販売する。

なお、同サービスを通じて新規にクラウドサービスへ移行する顧客を対象に、IIJ GIOサービスの最大3カ月分の月額利用料を無償で提供する(無償提供の範囲は移行対象となるWindows Serverのみ)。さらに同サービスでは、2011年7月より、顧客が既に利用しているマイクロソフトのアプリケーション サーバー ライセンスを、そのままIIJ GIO環境に移行可能なため、既存のソフトウェア資産を有効活用できるとしている。


IIJ GIO(ジオ)サービス
http://www.iij.ad.jp/GIO/?i=gp0064

IIJ GIOクラウドマイグレーションファクトリー for Windows
http://www.iij.ad.jp/GIO/service/migration/?i=gp0065

インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja/jp/default.aspx

関連記事

IIJと日本マイクロソフト、事業継続性の向上を支援するクラウドサービスで協業インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは2011年4月27日、企業のサーバー運用に伴う電力消費量の削減と事業継続性の向上を目的に、社内所有(オンプレミス)のシステム環境からクラウド環境への移行を共同で支援していくことを発表した。

PAGE TOP