[新製品・サービス]

NTTPC、事業継続の相談窓口を設置し通信・情報システムの相談を一元的に受け付け

2011年4月28日(木)

NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、企業の事業継続(BCP:business continuity plan)を支援するために、中堅中小企業向け事業継続(BCP)に関する相談窓口を、2011年4月27日より設置した。それによりネットワークやデータセンターなど、企業の通信・情報システムにおける事業継続についての相談を一元的に受け付ける。

同社は今回の東日本大震災後、事業継続に関する問い合わせが増加したことを受け、早期に企業の事業継続性の向上に向けたソリューション体制を強化し、顧客が手軽に相談できるよう、電話やメールによる相談窓口を設置した。これまで培ってきたICTサービスやシステムインテグレーション技術に基づき、ネットワークやデータセンターを組み合わせた専門性と、迅速な課題解決により、顧客企業の規模に合ったソリューションを提供していく。

  • 相談窓口:0120-725-571(携帯・PHS可)
  • 受付時間:9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)
  • ホームページ:http://web.arena.ne.jp/bcp/

なお、同社の事業継続(BCP)対応ソリューションは以下のとおり。

  1. 仮想デスクトップ ソリューション
    勤務先のオフィスPCと同じような環境・操作性の仮想デスクトップPCをデータセンターに構築することで、自宅や外出先などのリモート拠点から業務を継続できるようにする。オフィスとデータセンター間、またはリモート拠点とデータセンター間の通信には、IPアドレスやポートのフィルタリング設定が可能なインターネット接続を提供。さらにセキュアな通信環境を求める顧客には、NTTPCのVPNサービスを提供する。リモートアクセスには、認証機能としてワンタイムパスワードや利用者のログ管理、アカウントロック/解除が可能なカスタマコントロール機能を利用できる。
    • 対象サービス:「WebARENA Symphony仮想環境構築サービス」、「Master'sONEリモートアクセスサービス」
  2. アウトソース ソリューション
    オフィス内で運用・管理しているメールサーバー、Webサーバー、ファイルサーバーに加え、インターネット接続のためのUTM機器などをアウトソースすることで、万が一の災害や停電時に利用できなくなるリスクを低減する。企業がオンプレミス(自社所有)で運用・管理しているサーバーのデータを、1997年から続く同社のデータセンターで運営するホスティングサービスで運用・管理する。
    • 対象サービス:「WebARENA SuiteX」/「WebARENA SuitePRO V3」/「WebARENA Solo」、「Mail Luck!」、「Master'sONEネットワークUTMサービス」
  3. データセンター ソリューション
    NTTPCでは、東京23区内で2カ所の免震構造データセンターと、複数の耐震構造データセンターを提供している。ファシリティ設備に加え、停電時にも非常用発電機による電力供給が可能で、長時間の停電時にもデータセンター機能を保持可能。また、顧客オフィス内にあるサーバー機器のアドレスを変更することなく、データセンター内の「共有ラック」でサーバーを預かる「共有ラック」サービスを提供。データセンターへ移設するサービスを組み合わせることで、顧客に代わり、システムの移設設計からデータセンター設置まで一貫したサービスを提供できる。なお、データセンター内のオフィスルームは、災害時の災害対策オフィスとしても利用可能。
    • 対象サービス:「WebARENA SymphonyらくらくBOXデータセンター移設サービス」
  4. ディザスタリカバリー ソリューション 
    大幅な使用電力の削減を求められる可能性があるなかで、回復措置だけでなく、被害を最小限に抑えるディザスタリカバリーなどの予防措置も重要になる。同社では電力制限を受けにくい地域へシステムを分散するため、西日本エリアや、中部・九州エリアのパートナーと協業し、顧客ニーズに応える体制を整えた。遠隔地の運用でも、24時間365日の有人監視体制と、品質・信頼のマネージドサービスの提供により、顧客のシステムを一元的に管理可能。
    • 対象サービス:「WebARENA Symphony」


NTTPCコミュニケーションズ
http://www.nttpc.co.jp/

 

関連記事

NTTPC、事業継続の相談窓口を設置し通信・情報システムの相談を一元的に受け付けNTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、企業の事業継続(BCP:business continuity plan)を支援するために、中堅中小企業向け事業継続(BCP)に関する相談窓口を、2011年4月27日より設置した。それによりネットワークやデータセンターなど、企業の通信・情報システムにおける事業継続についての相談を一元的に受け付ける。

PAGE TOP