[技術解説]

「検証済み」の長所と課題

2011年5月10日(火)

クラウドアプライアンスの最新事情 企業システムの俊敏性や柔軟性を高めるクラウドコンピューティング。だがパブリッククラウドはセキュリティやサービスレベル、自由度などで不十分な点が残る。そこで現実解として急浮上しているのが、プライベートクラウドだ。これを簡単に構築できる「クラウドアプライアンス(専用)製品」が増えている。

製品動向
外資・国産大手から主要製品出そろう

自社やグループ企業専用のクラウドコンピューティング基盤の構築に必要なハードウェア/ソフトウェアを“パッケージ化”した「クラウドアプライアンス」が、ここ数年のうちに続々と登場した(図1-1)。

図1-1 主要なクラウドアプライアンス製品の国内販売開始時期。2008年から2011年にかけ、欧米・国内の大手ベンダー/システムインテグレータから発表が相次いだ
図1-1 主要なクラウドアプライアンス製品の国内販売開始時期。2008年から2011年にかけ、欧米・国内の大手ベンダー/システムインテグレータから発表が相次いだ
※1 2009年6月に発表、同年8月に出荷開始 ※2 2009年7月に発表、同年8月に出荷開始 ※3 VCE連合=Virtual Computing Environment連合。EMCジャパン、ヴイエムウェア、シスコシステムズで構成 ※ 4 2010年11月に発表。製品は協業6社(NEC、デル、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通)が順次販売

2009年6月には日本ヒューレット・パッカードが「HP BladeSystem Matrix」を、7月には日本IBMが「IBM CloudBurst」を国内販売することを発表した。2010年に入ると、EMCジャパン、ヴイエムウェア、シスコシステムズで構成するVCE連合が「Vblock Intrastracture Package」の販売を開始し、NEC(1月)や日立製作所(6月)など国産大手もこの市場に参入。続く2011年1月には日本オラクルも国内販売を発表した。

厳密にはクラウドアプライアンスではないが、富士通は、ユーザー企業のデータセンターにプライベートクラウド環境を構築し、運用を代行する”ベンダーマネージドクラウドサービス”を提供している(ヤマトグループの導入事例を、弊誌2010年11月号の「ザ・プロジェクト」に掲載)。

メリット 1
仮想化による統合基盤を迅速に導入できる

クラウドアプライアンスの利点としてまず挙げられるのは、仮想化技術をベースとしたサーバー統合基盤を迅速に導入できることだ。ベンダーやシステムインテグレータによる検証が済んでいるので、購入後すぐに仮想マシンを稼働させるといったことができる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「検証済み」の長所と課題クラウドアプライアンスの最新事情 企業システムの俊敏性や柔軟性を高めるクラウドコンピューティング。だがパブリッククラウドはセキュリティやサービスレベル、自由度などで不十分な点が残る。そこで現実解として急浮上しているのが、プライベートクラウドだ。これを簡単に構築できる「クラウドアプライアンス(専用)製品」が増えている。

PAGE TOP