[技術解説]

製品責任者による座談会

2011年5月17日(火)

想定用途に合致すれば果実は大きい 運用管理のルール決めは効果を左右 クラウドアプライアンスを使うと、本当に短期間で安価にプライベートクラウドを構築できるのか。すでにユーザー企業への製品導入実績がある大手ベンダーの製品責任者に、期待通りの成果を上げるためのポイントを議論してもらった。システムリソースの割り当てをどの程度まで自動化するか。利用部門への課金をどれだけ細かく管理するか。運用管理のルール決めは効果を左右する重要な要素の1つになる。聞き手は本誌編集長・田口 潤

新木 陽一 氏
新木 陽一 氏
日本IBM
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 第二CTP シニア・クライアント・テクニカル・スペシャリスト
1991年4月、日本IBMに入社。金融業や製造業の運用システム構築プロジェクトを数多く担当。現在はクラウドを含む運用全般のシステム構築を支援するシステム管理ソリューション・アーキテクトとして活動している


角野 みさき 氏
角野 みさき 氏
NTTデータ
法人システム事業本部 Lindacloud開発担当 部長
2003年2月、NTTデータに入社。テレコム業界の設備系システムの構築や設備監視ソリューション「iNetNMS」の立ち上げを手掛ける。2009年4月より現職。Lindacloudの開発責任者として製品企画・開発をけん引している


清水 照久 氏
清水 照久 氏
日本オラクル
Fusion Middleware事業統括本部 ビジネス推進本部 部長
2002年9月、日本オラクル入社。システム事業推進本部や製品戦略統括本部において、ミドルウェア製品の市場開拓や販売チャネルの開拓を手掛ける。2010年6月から現職としてExalogicの製品戦略の責任を担っている


荒木 裕介 氏
荒木 裕介 氏
日本ヒューレット・パッカード
エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 
インダストリスタンダードサーバー製品本部 製品企画部
2001年、日本HPに入社。x86サーバーのプリセールスのほかブレードサーバー・仮想化ソリューションを担当し、数多くのサーバー仮想化案件に従事してきた。現在はHP BladeSystemのプロダクトマーケティングを担当している


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

製品責任者による座談会想定用途に合致すれば果実は大きい 運用管理のルール決めは効果を左右 クラウドアプライアンスを使うと、本当に短期間で安価にプライベートクラウドを構築できるのか。すでにユーザー企業への製品導入実績がある大手ベンダーの製品責任者に、期待通りの成果を上げるためのポイントを議論してもらった。システムリソースの割り当てをどの程度まで自動化するか。利用部門への課金をどれだけ細かく管理するか。運用管理のルール決めは効果を左右する重要な要素の1つになる。聞き手は本誌編集長・田口 潤

PAGE TOP