[新製品・サービス]

国内初の本格的PaaS、サイボウズが開発を公表

2011年5月26日(木)

kintone/サイボウズ kintone─サイボウズが2011年4月18日に開発を発表した、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)だ。孫悟空が空を飛ぶために乗る雲、筋斗雲(きんとうん)から命名した。日本や中国など西遊記が知られる国にしか通じない点を除けば、クラウド(雲)の範疇に属するサービスの名称としては秀逸と言ってもいいだろう。

サービスの詳細は開発段階のため明らかでないが、業務ソフトを簡単に構築するための工夫が盛り込まれているようだ。本誌が得た情報では、あらかじめ用意する部品をドラッグ&ドロップし必要な設定をするだけで、入力画面やデータベースの定義、集計機能などを実装できる。開発用サンドボックスを用意し、開発/実行環境で別々のツールを使う必要はない。

kintoneは同社のデータベースアプリケーション開発ツール「デヂエ」の開発支援機能を拡充し、クラウドサービス実現に必要なマルチテナント機能などを実装したものと言える。価格競争力を持たせるべく、IT基盤も自社開発している模様だ。正式リリースは今夏を予定する。 (編集部)

関連記事

国内初の本格的PaaS、サイボウズが開発を公表kintone/サイボウズ kintone─サイボウズが2011年4月18日に開発を発表した、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)だ。孫悟空が空を飛ぶために乗る雲、筋斗雲(きんとうん)から命名した。日本や中国など西遊記が知られる国にしか通じない点を除けば、クラウド(雲)の範疇に属するサービスの名称としては秀逸と言ってもいいだろう。

PAGE TOP