[新製品・サービス]

Windows Azureの効率的な運用管理を支援

2011年5月26日(木)

AppRegion/富士通システムソリューションズ 富士通システムソリューションズは2011年4月4日、運用管理サービス「AppRegion」を発表した。マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure Platform」向けの管理機能を提供する。管理作業を自動化するなどし、運用担当者の作業負荷を軽減する。

Azureが標準で備える、サーバーやストレージなどのリソース管理機能以外を提供する。例えば、システムに必要なアプリケーションやファイルの配備を簡素化する機能を用意。AppRegionにアプリケーションなどを事前登録しておくことで、これらを使いシステムへの適用を迅速化できる。システム構築時の手間を解消し、作業時間の短縮を見込める。

スケジュールを設定し、管理作業を自動化する機能も備える。平日の日中は複数台のサーバーを使ってシステムを稼働させ、負荷の少ない夜間や週末は最小限のシステム構成になるよう設定したり、バップアップを定期的に自動実施したりできる。管理者はこれら実施内容をメールで確認し、管理画面を開かずに処理状況を把握できる。月額料金は10万円から。 (折川)

関連記事

Windows Azureの効率的な運用管理を支援AppRegion/富士通システムソリューションズ 富士通システムソリューションズは2011年4月4日、運用管理サービス「AppRegion」を発表した。マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure Platform」向けの管理機能を提供する。管理作業を自動化するなどし、運用担当者の作業負荷を軽減する。

PAGE TOP