コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

テレビ会議の多地点接続機能をクラウドで

2011年5月27日(金)

ひかり電話多地点接続サービス/NTTビズリンク NTTビズリンクは2011年4月1日、「ひかり電話多地点接続サービス」を発表した。テレビ会議端末を複数接続する多地点接続装置の機能を、クラウドから提供する。料金体系を従量制にするなどして、テレビ会議システムを低料金で利用できるようにした。

通信回線に一般的なインターネット回線ではなく、NTT東日本、NTT西日本が提供する「ひかり電話」を用いる。音声や映像を転送する際に必要な帯域を確保しやすくなり、安定したデータ配信による会議を実施できる。テレビ会議用に広帯域の専用回線を別途敷設する必要もなくなる。

ひかり電話未対応のテレビ会議端末も、専用ゲートウェイ装置を用いることで利用できる。ゲートウェイ装置がビデオ会議ベンダーごとに異なるプロトコルを変換し、異機種の端末間での会議開催を可能にする。

料金はSD画質の場合3分あたり99.75円。HD画質では3分あたり152.25円。1会議ごとに525円(HD画質は1050円)の費用がかかる。ゲートウェイ装置(月額3150円)と、契約単位ごとの費用(月額1050円)も必要。 (折川)

関連記事

テレビ会議の多地点接続機能をクラウドでひかり電話多地点接続サービス/NTTビズリンク NTTビズリンクは2011年4月1日、「ひかり電話多地点接続サービス」を発表した。テレビ会議端末を複数接続する多地点接続装置の機能を、クラウドから提供する。料金体系を従量制にするなどして、テレビ会議システムを低料金で利用できるようにした。

PAGE TOP