[新製品・サービス]

MSと共同検証したプライベートクラウド用アプライアンス、富士通が発表

2011年5月18日(水)

富士通は2011年5月18日、企業独自のクラウド環境であるプライベートクラウドの構築を容易にするアプライアンス製品を販売すると発表した。富士通と米マイクロソフトが共同でハードウェアやソフトウェアの組み合わせを策定し、両社で機能検証や運用検証を実施した標準構成を提供する。2011年7月中旬に提供開始。

販売するのは、ブレードサーバー「PRIMERGY BX900」やストレージ「ETERNUS」、スイッチ「SR-Xシリーズ」といった富士通製のハードウェアに、富士通のリソース管理ツール「ServerView Resource Orchestrator」、米マイクロソフトの仮想化技術「Hyper-V」といったクラウド構築に必要なソフトウェアを組み合わせ、パッケージとして販売するクラウドアプライアンス製品。導入/構築サービスも標準で提供する。

富士通が今回提供するのは、Hyper-Vを中心としたマイクロソフトのソフトウェアと、MSのパートナーとなるハードウェアベンダーのサーバーやストレージ、ネットワーク機器、運用管理ツールなどを組み合わせ、両社で共同検証したクラウドアプライアンスのリファレンスアーキテクチャ「Microsoft Hyper-V Cloud Fast Track」に基づく製品である。

Microsoft Hyper-V Cloud Fast Trackに基づくクラウドアプライアンスは、国内では日本IBMや日本ヒューレット・パッカード、デルなどが既に販売している。販売時期は明らかにしていないが、NECと日立製作所も製品販売することを発表済みだ。

参考価格は、製品と導入支援サービスを併せて3000万円程度から。

関連記事

MSと共同検証したプライベートクラウド用アプライアンス、富士通が発表富士通は2011年5月18日、企業独自のクラウド環境であるプライベートクラウドの構築を容易にするアプライアンス製品を販売すると発表した。富士通と米マイクロソフトが共同でハードウェアやソフトウェアの組み合わせを策定し、両社で機能検証や運用検証を実施した標準構成を提供する。2011年7月中旬に提供開始。

PAGE TOP