プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Oracle Exadataを最低2980円で利用可能!? 時間単位の課金によるクラウドサービスが開始

2011年5月18日(水)

2980円でOracle Exadataを使える。といっても1時間単位での話。果たしてどんな用途に適するのか--。これは米オラクル、日本オラクルと、ソフトバンクテレコムおよび同社配下のPSソリューションズが発表した話だ。

2011年5月18日、米オラクル、日本オラクルと、ソフトバンクテレコムおよび同社配下のPSソリューションズは、クラウド事業で協業すると発表した。オラクルのデータベース専用機「Exadata」と必要なミドルウェアをアプライアンス機「Exalogic」を、ソフトバンクテレコムが提供中のクラウドサービス、「ホワイドクラウド」の中で提供するのが発表の骨子。両者はサービス名を「ホワイトクラウド エンタープライズ PaaS powered by Oracle」と呼び、まずExadataの試験サービスを2011年夏に開始。秋にExalogicを含め、正式サービスを開始する。

最大の特徴が、時間単位の課金体系を採ること。「(日本のクラウドの)多くは月額とかの料金体系だが、完全な従量制でサービスを提供する。1時間だけなら1時間の料金を、23時間なら1日ではなく、きっちり23時間分の料金にする。初期費用は不要だし、もちろん2年縛りのような制約もない。いくらなのかを言えば、1時間あたり2980円から」(ソフトバンクテレコムの阿多親市 取締役専務執行役員 兼 CISO)。そこまで言うなら時間ではなく、分単位や秒単位にすればいいようなものだが、企業向けなので1時間弱と1時間強で3000円程度の差が生じても、大きな問題にはならないという判断だろう。

第2が可用性。ファイブナイン、つまり99.999%の稼働率を保証すること。クラウドサービスで、ファイブナインの稼働率を保証するのは極めて珍しい。「我々が提供するのはエンタープライズ・グレードのサービス。当社はオラクルの技術者、ネットワークの技術者を抱えている。米オラクルの支援も得られる。セキュリティにも万全を配してサービスを提供する」(同)。ソフトバンクテレコム自身、Exadataの大規模ユーザーであり、ユーザー視点で今回のサービスを設計したという。

しかし問題は、このサービスをどういった用途に使えばいいのか、だ。1時間2980円を単純に年額換算すると、2600万円強。しかも2980円という価格はCPUコア1個、メモリー8GB、HDD50GBなど最小単位なので、実使用を考えるとこの費用ではとうてい収まらない(http://tm.softbank.jp/business/white_cloud/paas/)。阿多氏自身、質問に答えて「値引きなどにもよるが、Exadataは最小セットが、24コアで2億4000万円ほど。今回のサービスを24コアで計算すると、おそらく5年で3億円くらいになる」という。

つまり保守費や運用費、電気代などを考えるとサービス利用の方が割安かも知れないが、圧倒的に安いわけではない。「オラクルのDBMSやWeblogicなどの上で稼働しているアプリケーションをそのまま、クラウドに移行できるのがメリット」(日本オラクルの三澤智光氏)とはいえ統合運用ツールなども考慮すると、たとえオラクル製品を使っている既存システムであっても、コストダウン目的でクラウド環境に移行させる動機付けになりにくいのだ。

となると最も有望なのは、ExadataやExalogicを試用する用途かも知れない。オラクル自身、「ExadataやExalogicが良さそうなのは分かるが、導入する前に実際に使って成果を見たいというニーズが高い。今回のサービスで試して、オンプレミス製品を購入してもらうことも考えられる」(三澤氏)と話す。

とはいえ両社のサービスが今回の協業だけで終わるとは考えにくい。「オラクルは、ハードウェアからミドルウェア、アプリケーション、あるいはSaaSに至るまで、多様なクラウドスタック(クラウドを構成するのに必要な製品群)を擁している」(遠藤隆雄日本オラクル社長)。それらを生かしつつ、日本オラクルの既存事業に悪影響を及ぼさないという制限付きで、次の一手を用意していると見るのが自然だ。

関連記事

Oracle Exadataを最低2980円で利用可能!? 時間単位の課金によるクラウドサービスが開始2980円でOracle Exadataを使える。といっても1時間単位での話。果たしてどんな用途に適するのか--。これは米オラクル、日本オラクルと、ソフトバンクテレコムおよび同社配下のPSソリューションズが発表した話だ。

PAGE TOP