[新製品・サービス]

約30日でプライベートクラウドを構築、日本HPが導入支援サービス発表

2011年5月20日(金)

 日本ヒューレット・パッカードは2011年5月19日、プライベートクラウドの導入支援サービス「HP CloudStart」を発表した。クラウドの構築に必要なハードウェアやソフトウェアを組み合わせた事前検証済みの標準構成を導入。ハードウェア調達/配送期間を除き、約30日間でクラウド環境を構築/導入する。

 ブレードサーバーやスイッチ、運用管理ツールなどを組み合わせたクラウドアプライアンス製品「HP BladeSystem Matrix」を中核製品に採用し、プライベートクラウド環境を早期に構築する。Matrix本体に加え、Matrixが標準では備えないビリング(課金)ツールやバックアップツールといった製品と、構築/導入サービスで構成する。仮想化ソフトはヴイエムウェアの「VMware vSphere」か、日本マイクロソフトの「Hyper-V」から選択して導入する。ストレージは別売。

 有償オプション製品を充実させた。「HP Cloud Service Automation for Matrix」は、仮想サーバー上へのソフトウェアやミドルウェアのデプロイ機能を持つ「HP Server Automation」と、サーバーのパフォーマンス管理ツール「HP SiteScope」をMatrixに導入し、MatrixをPaaSとして利用可能にするサービス。「CloudStart Network」は、複数のスイッチを仮想的に1台として動作可能にする機能を備えたスイッチ製品「HP A5820」をMatrixに組み込むサービスだ。今後は、統合業務(ERP)システムをはじめとするアプリケーションのMatrixへの実装支援ツール群「HP Cloud Maps」なども提供する。

 価格は、HP CloudStartが4000万円程度から、オプションのHP Cloud Service Automation for Matrixが1000万円程度から。同社は2011年5月、クラウドに精通したシステム企画スタッフやマーケティングスタッフなど数十名(すべて兼任)を揃えた「クラウド事業本部」を発足し、クラウド関連製品・サービスの販売体制を強化。HP CloudStartを含め、「3年で国内のクラウド事業の売り上げを5倍にする」(クラウド事業本部の本部長を務める有安 健二執行役員)考えだ。

関連記事

約30日でプライベートクラウドを構築、日本HPが導入支援サービス発表 日本ヒューレット・パッカードは2011年5月19日、プライベートクラウドの導入支援サービス「HP CloudStart」を発表した。クラウドの構築に必要なハードウェアやソフトウェアを組み合わせた事前検証済みの標準構成を導入。ハードウェア調達/配送期間を除き、約30日間でクラウド環境を構築/導入する。

PAGE TOP