[河原潤のITストリーム]

トヨタとセールスフォースが提携。「トヨタフレンド」で注目したい3つのポイント:第35回

2011年5月25日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

トヨタ自動車とセールスフォース・ドットコムが提携を発表しました。自動車産業とクラウド(ソーシャル)技術の融合の先には、どんなクルマ社会が描けるのでしょう。3つの観点で考えてみたいと思います。

既報のとおり、トヨタ自動車とセールスフォース・ドットコム(SFDC)は5月23日に都内で共同発表会を開き、両社の提携により、SFDCの企業向けSNS「Salesforce Chatter」をベースとしたクルマ向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「トヨタフレンド」を構築すると発表しました。新サービスは、2012年にトヨタが市販予定の電気自動車(EV)とプラグイン・ハイブリッド車(PHV)において投入される予定です。

トヨタは2011年4月にマイクロソフトとの提携を発表し、トヨタの顧客向けテレマティクス・サービス提供基盤として「トヨタスマートセンター」をWindows Azureプラットフォーム・ベースで構築するという計画を披露して話題を呼んだばかりです。トヨタがクラウド第2弾と呼ぶ今回の提携発表は、大きく3つの観点から示唆的だと感じましたので以下にまとめてみます。

■EV時代に進化が加速するカーテレマティクス:SNSが人とクルマをつなぐ

2010年12月に日産自動車初のEV「リーフ」を取り上げた時にも書きましたが、EVの時代を迎えてクルマとITの関係が急接近し、融合に向かう中で、自動車メーカー各社の発表が相次いでいます。このうち両者のかかわりが最も直接的なテレマティクスについては、リーフで用意されたサービスが最先端と言える内容だったのは上の回でお伝えしました。そして今回、トヨタがテレマティクス・サービスの目玉に持ってきたのはSNSです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

トヨタ自動車 / Salesforce.com / SNS / テレマティクス

関連記事

トヨタとセールスフォースが提携。「トヨタフレンド」で注目したい3つのポイント:第35回トヨタ自動車とセールスフォース・ドットコムが提携を発表しました。自動車産業とクラウド(ソーシャル)技術の融合の先には、どんなクルマ社会が描けるのでしょう。3つの観点で考えてみたいと思います。

PAGE TOP