[海外動向]

【Red Hat Summit and JBoss World 2011】オープンソースの“クラウドOS”を発表IaaSのソフトとPaaSを提供へ

2011年6月1日(水)

既存システム資産を是としたクラウドへの移行・実現手段を提唱 クラウドコンピューティングを企業ITにどう取り込むのか? この難題に対し、米IBMやRedHatが解を示そうとしている。IBMの提案はBPMとSOAを軸にしたシステム連携、RedHatはプライベートクラウド構築に向けた“OS”の提案だ。

米国カンファレンス報告 レポート2
2011年5月3日〜6日 米ボストン/米RedHat

「クラウドコンピューティングは、オープンソース(OSS)によって開発された技術で成り立っている。我々は、それを企業情報システムに持ち込む。これがカンファレンスに込めたメッセージだ」(Jim Whitehurst米RedHat社長)。

米RedHatは5月3日〜6日、年次カンファレンス「Red Hat Summit and JBoss World 」を米ボストンで開催した。この言葉通り、内容はクラウド─特にプライベートクラウド─に焦点を当てたものだった。クラウド関連の新製品とサービス、「CloudForms」「OpenShift」を開催に合わせて発表したことが、それを象徴する。

日本でも着実に認知度が上がっている同社は、米国ではサーバー用OSの「RedHatEnterprise Linux(RHEL)」やミドルウェアの「JBoss」で、すでに確固たる地位を築いている。それをテコに、仮想化およびプライベートクラウドの領域で、“台風の目”になろうとしているのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Red Hat Summit and JBoss World 2011】オープンソースの“クラウドOS”を発表IaaSのソフトとPaaSを提供へ既存システム資産を是としたクラウドへの移行・実現手段を提唱 クラウドコンピューティングを企業ITにどう取り込むのか? この難題に対し、米IBMやRedHatが解を示そうとしている。IBMの提案はBPMとSOAを軸にしたシステム連携、RedHatはプライベートクラウド構築に向けた“OS”の提案だ。

PAGE TOP