[インタビュー]

対談〜震災がIT部門に与えた“宿題” (Part 2)

2011年6月7日(火)

震災がIT部門に与えた“宿題” 異常時の企業を支える役割を担え 未曾有の大震災は、ITの堅牢性や利用価値の高さを浮かび上がらせた一方で、 企業のIT部門にいくつもの“宿題”を与えた。IT部門は震災から何を学び、宿題にどう答えていくべきなのか。 基幹系から情報系まで、企業ITに造詣が深い札幌スパークルの桑原里恵氏に聞いた。

− 2011年3月11日に発生した大地震は、東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらしました。サプライチェーンの寸断や電力不足などにより、東北地方以外の企業も大きな影響を受けています。そうした影響への対策と並んで重要なのは、今回の震災から企業のIT部門は何を学び、次に生かすか、ということです。

桑原: 学びということでは大きく2つに分けて考えたいですね。まず、何ができて、何ができなかったのかを整理すること。何もかもダメだったわけではない。しかし、乗り切ったからといって十分だったわけでもありません。そしてもう1つは、震災後のこれから、どういった価値観で企業システムと向き合っていくのか。企業も社会も震災の体験によって、強く影響を受けています。価値観の変化に向けて、IT部門も自らの役割やシステムのあり方を見つめ直す。それによって、課題だけでなく新たな可能性を描けるのではないでしょうか。

− それほど大きな事態だったということですね。

桑原: 震災前、IT部門はハードやアプリケーションの障害などの非常事態に対して、どう対処するかといった視点でシステムを整えてきました。自分たちのシステムをきちんと動かすこと。その点ではIT部門は役割を果たしてきたと思います。しかし、今回のように業務自体がまったく機能しないとか、組織やルールを超えて何としてでもモノを届けるといった状況下では、システムを使うどころではありません。そもそも、電力や通信が広範囲で落ちて、システムが機能しないということもありました。そうした異常事態を震災後に振り返って、IT部門が本来担うべき役割は何なのか、その大きさをしみじみと考えました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

対談〜震災がIT部門に与えた“宿題” (Part 2)震災がIT部門に与えた“宿題” 異常時の企業を支える役割を担え 未曾有の大震災は、ITの堅牢性や利用価値の高さを浮かび上がらせた一方で、 企業のIT部門にいくつもの“宿題”を与えた。IT部門は震災から何を学び、宿題にどう答えていくべきなのか。 基幹系から情報系まで、企業ITに造詣が深い札幌スパークルの桑原里恵氏に聞いた。

PAGE TOP