[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part13―業務部門の意識改革を迫る

2011年6月9日(木)

震災の影響で5営業日の遅れが発生したG10プロジェクト。遅れを確実に取り戻しながら、予定するテストや移行リハーサルをすべて完遂しなければならない。そんな奮闘を続ける中で、大きな問題が発覚した。

主管部門が当事者意識を欠いた

プロジェクトメンバーと業務部門のキーパーソンによる総合テストが完了したのは、4月7日。テストの結果、少なくない数のバグや仕様変更が報告された。

だがIT戦略室の志賀智之室長は動じなかった。「この段階で問題が出るのは当然。むしろ出ない方が不安だ」(同)。バグに関しては修正を施すよう指示し、仕様変更は今回のプロジェクト中に取り込むか、先に延ばすかを淡々と切り分けていった。「機能的にはともかく、できればこうしたい」という、いわゆる“nice to have”の変更はすべて先送りとした。実はその裏で、プロジェクト全体を揺るがしかねない重大な事態が進行していた。

総合テスト中、SAP ERPやワークフローなどの導入を担当する会計/情報流通基盤チームにおいて問題が顕在化した。業務課題の抽出やイレギュラー対応、業務フローおよび責任所在の明確化、操作性の改善指摘など、総合テストでやるべきことは多い。それらが一向に進まなかったのだ。SAP ERPの操作に対する習熟度も低いままだった。

原因は明白だった。このシステムを主管するはずの経理部門に、当事者意識や新たな業務への理解が欠けていたという。同部門は業務が多忙であるという理由で、総合テストにも十分な時間を割いていなかった。「『自分たちがやらなくても、誰かがシステムと業務を作ってくれる』という甘えもあったと思う」(大日健CIO)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part13―業務部門の意識改革を迫る震災の影響で5営業日の遅れが発生したG10プロジェクト。遅れを確実に取り戻しながら、予定するテストや移行リハーサルをすべて完遂しなければならない。そんな奮闘を続ける中で、大きな問題が発覚した。

PAGE TOP