[新製品・サービス]

ブロケード、16Gbps FC(Fibre Channel)製品を2011年夏以降にOEM通じて提供

2011年6月7日(火)

ブロケードコミュニケーションズシステムズは2011年6月1日、現行製品の2倍となる16Gビット/秒の帯域を備えたFC(Fibre Channel)製品群を国内で発表した。2011年夏以降に、OEM(相手先ブランドによる生産)先となるサーバー・ベンダー各社から順次出荷が始まる。開発会社は、米Brocade Communications Systems。

新たに提供する16Gビット/秒のFCスイッチは、以下の通り。

(1)バックボーン用途のシャーシ型スイッチ「Brocade DCX 8510」は、16Gビット/秒のポートを最大384基収容する。

(2)1Uラックマウント型のスイッチ「Brocade 6510」は、16Gビット/秒のポートを最大48基収容する。

(3)「Brocade 1860 Fabric Adapter」は、16Gビット/秒のFCを使うためのサーバー用アダプタ(HBA)。10Gビット/秒のイーサネット用NICの機能を兼ねる。

関連記事

ブロケード、16Gbps FC(Fibre Channel)製品を2011年夏以降にOEM通じて提供ブロケードコミュニケーションズシステムズは2011年6月1日、現行製品の2倍となる16Gビット/秒の帯域を備えたFC(Fibre Channel)製品群を国内で発表した。2011年夏以降に、OEM(相手先ブランドによる生産)先となるサーバー・ベンダー各社から順次出荷が始まる。開発会社は、米Brocade Communications Systems。

PAGE TOP