[ザ・プロジェクト]

ITの脱・資産化を粛々と進行中 クラウド活用で運用コスト4割削減へ【松竹】

2011年6月23日(木)

国内ベンダーが提供するIaaSと、海外ベンダーが提供するSaaSの両方を活用しているのが松竹だ。IT基盤などの運用管理費用の削減が目的だが、国内ベンダーのIaaSにはまだ不満がある一方、海外ベンダーのSaaSは高く評価している。一体、何が違うのか。松竹の責任者に聞いた。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

山下 良則 氏
山下 良則 氏
松竹 システム室 室長
大手消費財メーカーで生産管理、サプライチェーンや経理関連システムの開発・導入プロジェクトなどを担当した後、IT部門のマネジメントに携わる。2007年に松竹株式会社に入社後、システム室長として全社のIT戦略、統制、投資を統括管理している。

─ 2010年8月に、業務システムをクラウド化したと聞きました。どんなシステムが対象ですか。

山下: 作品データベースシステム、在庫管理システム、宣伝浸透度調査システムの3つです。TISのTEOS(TIS Enterprise Ondemand Service)というIaaSを採用しました。

─ 何かきっかけがあったんですか。

山下: これまで使っていたハードウェアが、5年間のリース切れを迎えたんです。これを置き換えるにあたり、もう自前でハードを持つのはやめようということになった。自前では運用保守にコストがかかりますし、業務の拡大や縮小に応じてCPUやディスクといったリソースを増減しにくいですから。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

ITの脱・資産化を粛々と進行中 クラウド活用で運用コスト4割削減へ【松竹】国内ベンダーが提供するIaaSと、海外ベンダーが提供するSaaSの両方を活用しているのが松竹だ。IT基盤などの運用管理費用の削減が目的だが、国内ベンダーのIaaSにはまだ不満がある一方、海外ベンダーのSaaSは高く評価している。一体、何が違うのか。松竹の責任者に聞いた。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

PAGE TOP